コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

アニメ「グラゼニ」第9話に元プロ野球選手の仁志敏久がゲスト出演

113

「グラゼニ」第9話の場面写真。

「グラゼニ」第9話の場面写真。

森高夕次、アダチケイジ(足立金太郎)原作によるアニメ「グラゼニ」の第9話「教師 or 反面教師」に、元プロ野球選手の仁志敏久がゲスト出演する。

「教師 or 反面教師」ではバッティングピッチャー兼スコアラー・栗城のアドバイスでフォームを変え球速をアップさせたものの、それに反比例してコントロールの制度を落としてしまった夏之介の様子を描写。アフレコを終えた仁志は、「現実的な話も盛り込まれていると思いますので、選手の裏側も見られているかもしれませんね。多くの方に楽しんでいただきたいと思います」とコメントを寄せた。仁志がどのような役で登場するのか、放送で確認しよう。

「グラゼニ」の第9話は6月1日放送。なお6月2日10時30分より、第1話から第8話までの振り返り一挙放送が行われることも決定している。

なおコミックナタリーではアニメ「グラゼニ」の特集を展開中。特集第1弾として同作のファンを公言するアーティスト・土屋礼央にインタビューを実施し、好きなシーンやお気に入りのキャラクターなどを聞いた。さらに第2弾ではアニメで主人公の凡田夏之介を演じる落合福嗣、ヒロイン・ユキを演じるM・A・O、そして渡辺歩監督の鼎談をセッティングし、作品の魅力や役が決まったときの感想、キャスティングの決め手、今後の意気込みなどについて語り合ってもらった。

仁志敏久コメント

こういう実際のアフレコというか、映像を見ながらやるのは初めてだったので、今までゲーム用にコメントを何百通り録音するというのは経験があったのですが…、だいぶ緊張しました。
現実的な話も盛り込まれていると思いますので、選手の裏側も見られているかもしれませんね。多くの方に楽しんでいただきたいと思います。

(c)森高夕次・アダチケイジ/スカパー!・講談社

コミックナタリーをフォロー