動物と話せるのはいいこと……?それとも?「こはる日和とアニマルボイス」1巻

80

加藤えりこ「こはる日和とアニマルボイス」1巻が、本日5月24日に発売された。

「こはる日和とアニマルボイス」1巻

「こはる日和とアニマルボイス」1巻

大きなサイズで見る(全2件)

「こはる日和とアニマルボイス」は動物と会話ができたという子供時代の記憶を大事にしている高校1年生の男子・小陽が、唯一の肉親である母を亡くしたことから始まるハートフルストーリー。昔は義兄弟だったが、親が離婚したことで他人となってしまった青年・真樹と再会した小陽は、彼の家で一緒に暮らすことに。その家は近所の動物のたまり場になっており、小陽は真樹が動物と言葉を交わしている場面を目撃するが「動物と話せることは良いことではないと思う」「聞きたくない声も聞こえてしまう」と忠告される。同作は月刊ASUKA(KADOKAWA)にて連載中。

この記事の画像(全2件)

関連記事

加藤えりこのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 加藤えりこ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。