コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「ガールズ&パンツァー」の知識を問う検定、大洗町についての問題も

202

アニメ「ガールズ&パンツァー」の知識を問う「第1回 ガールズ&パンツァー 戦車道検定」が、11月4日に開催される。

本検定では初級の戦車長クラスと中級の隊長クラスを用意。試験問題はマークシート形式でストーリー、キャラクター、戦車、ガルパンの雑学、アニメの舞台である大洗町について、という5つの分野から幅広く出題される。検定結果は各分野ごとに「GuPS(ガールズ&パンツァースコア)」としてスコア化され、GuPS認定証を発行。受験者には、キャラクターからの応援メッセージ入り受験票も届けられる。

検定は茨城県の大洗と水戸、さらに東京、大阪の4カ所で実施。大洗会場と東京会場では、試験当日に限定グッズの先行販売が行なわれる予定だ。申し込みは9月27日まで「ガールズ&パンツァー 戦車道検定」の公式サイトにて受付中。そのほか試験問題を掲載した公式テキストが8月上旬に発売される予定だ。詳細は公式サイトで確認を。

「第1回 ガールズ&パンツァー 戦車道検定」 概要

実施日:2018年11月4日(日)
開催エリア:大洗、水戸、東京、大阪
受験料:戦車長クラス(初級)4500円、隊長クラス(中級)5600円、併願9000円

(c)GIRLS und PANZER Projekt

コミックナタリーをフォロー