コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

アニメ「レイトン」に加藤一二三がゲスト出演!巨大コンピューター役で

345

テレビアニメ「レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~」の第4話に、“ひふみん”の愛称で親しまれる将棋棋士・加藤一二三がゲスト出演することが決定。巨大コンピューター役を演じる。

4月29日放送の第4話は、ロンドン中の宝石を盗む怪盗セーヌを捕まえて欲しいと頼まれたカトリーを描く物語。カトリーの助手・ノアが通う大学にある高性能な巨大コンピューターという難役に挑んだ加藤は、以前から声優業に挑戦したかったと言い「以前、何か新しいことをするのであれば、アニメーションの声優をしたい、と言っていたのですけれども、率直に言いますと、私は夢を言ったのであって、それがまさか実現するとはまったく思っておりませんでした。今回それが実現しまして、やはり非常に嬉しいです」とコメントしている。

「レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~」は、レベルファイブが手がける謎解きアドベンチャーゲーム「レイトン」シリーズを原作としたアニメ。主人公のカトリーことカトリーエイル・レイトン役は花澤香菜、シャーロ役は小杉十郎太、ノア・モントール役は池田恭祐、ダージリン・アスポワロ役は多田野曜平が担当している。

加藤一二三コメント

アフレコ収録をおこなっての感想

ストーリーも魅力的ですし、セリフも非常に楽しく、胸をワクワクさせて収録をおこないました。以前、何か新しいことをするのであれば、アニメーションの声優をしたい、と言っていたのですけれども、率直に言いますと、私は夢を言ったのであって、それがまさか実現するとはまったく思っておりませんでした。今回それが実現しまして、やはり非常に嬉しいです。本当に親切に収録をしていただきまして、監督からも細かい指示をいただき、収録は非常に楽しかったです。

アニメ声優をやりたいと思った理由

もともとアニメは好きで「赤毛のアン」(フジテレビ系 1979年1月~12月)や「ニルスのふしぎな旅」(NHK 1980年1月~1981年2月)、「名犬ジョリィ」(NHK 1981年4月~1982年6月)とか、家族や子どもたちと一緒に長年にわたってよくアニメを見ていました。また「アウト×デラックス」(フジテレビ系 毎週木曜)で音楽家の青島広志先生にオーケストラの指揮を教えていただいたのですが、青島先生から加藤さんの声はテノールで、声質も音程もとても良いと言われました。クラシックの大家である青島先生からそう言っていただけるということは、声は自信を持っていいのではないかというところで、声優をやってみたいと手を上げた次第です。

声優をやって感じた将棋との共通点

声優も将棋の対局も、どちらも楽しいし面白い、そして深いです。あと、基本的にすべての新しいことは将棋の対局と同じように、最善を尽くすというのが私のスタンスです。私はこれまで2000局以上、将棋の対局を戦ってきましたけれども、対局の前日に負けると思ったことは一回もないです。初めて挑戦をした声優の仕事ですけれども、やはり挑戦する以上は、なんとしても成功させたいという意気込みで向かいまして、そういうところでも将棋の対局と今回の声優の挑戦は共通していると思います。

アニメ「レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~」

フジテレビほかにて毎週日曜8:30から放送中

スタッフ

クリエイティブディレクター/原案・シリーズ構成:日野晃博
原作:レベルファイブ
アニメーション制作:ライデンフィルム
監督:満仲勧
キャラクターデザイン原案:長野拓造
キャラクターデザイン:高田謡子
美術監督:中久木孝将
音楽:西浦智仁
3DCGI:FelixFilm

キャスト

カトリーエイル・レイトン:花澤香菜
シャーロ:小杉十郎太
ノア・モントール:池田恭祐
ダージリン・アスポワロ:多田野曜平
ジェラルディン・ロイヤー:山村響
エルシャール・レイトン:山寺宏一

サイモン・ライト(第1話ゲスト):今井翼
ウーラ・ブレイムス(第6話ゲスト):宮司愛海

(c)LEVEL-5/レイトンミステリー探偵社

コミックナタリーをフォロー