コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「ニンジャバットマン」は“ツッコミ待ち”、加隈亜衣と岩浪美和がここだけの話

59

劇場アニメ「ニンジャバットマン」トークショーの様子。左からMCの杉山すぴ豊、加隈亜衣、岩浪美和。

劇場アニメ「ニンジャバットマン」トークショーの様子。左からMCの杉山すぴ豊、加隈亜衣、岩浪美和。

劇場アニメ「ニンジャバットマン」のトークショーが、本日3月25日に行われている「AnimeJapan 2018」内BLUE STAGEにて開催。イベントにはキャットウーマン役の加隈亜衣と、音響監督の岩浪美和が登壇した。

6月15日に公開される「ニンジャバットマン」は、水崎淳平監督率いる神風動画にとって初の長編作品。戦国時代の日本にタイムスリップしてしまったバットマンの活躍が描かれる。

加隈と岩浪は来場者に感謝を伝え、「今日はここだけの話を話していきたい」と意気込んだ。さっそくトークコーナーに移ろうとすると、岩浪から「その前にちょっといいですか?」とストップがかかる。そしてスクリーンに映し出された本作のキービジュアルを指し、「まずここにツッコミどころがあります。忍者じゃねえじゃんって!(笑) 」と一言。しかし「これが中島かずきの世界観。ご安心ください。ちゃんと忍者になります」と伝え、「中島さんが、アメリカ人に対して『これでもくらえ!』という思いで書いた脚本です。まあ、一言で言ってしまうとツッコミ待ちみたいな。悪い言い方をすると、非常に馬鹿馬鹿しい。いい言い方をすると、これ以上のエンタメはないという。ただ、確実に面白いよってことだけは言えますかね」と自信をのぞかせる。

ここからは「ここがすごいよ!!ニンジャバットマン」というテーマでトークを進めていくことに。まず1つ目のテーマは「スタッフ/キャストがすごい!!」。岩浪は監督の水崎について「最近だとポプテピ(「ポプテピピック」)のイメージしかないと思うんですけど、それだけじゃないんです」とアピールする。次の「設定がすごい!!」では、ジョーカーが第六天魔王になることについて言及。「映像がすごい!!」では、「神風動画の社訓の通り、まさしく“妥協は死”の精神で作られた映像」と述べる。「バットマンを知ってるともっと面白い!!」では、DCコミックスのもともとの設定になんだネタが盛り込まれていることが明らかに。さらに岩浪は「中島さんいわく、ジョーカーが支配してる街だから(舞台が)城下町なんですって。そういう親父ギャグが満載なんです」と語った。

最後の「音響がすごい!!」では、岩浪から「音響というか、加隈さんのセクシーさが……」という言葉が。加隈は「そうですね、がんばります」とセクシーボイスで応える。またここで、本作は通常上映のほか“時空震サウンド”と、360°で音を体感できる音響システム・ドルビーアトモスでの上映があることが発表された。

イベント中には会場限定の特別映像として、本編の冒頭4分間が公開された。最後に加隈は「子供から大人まで、それだけじゃなく日本から海外の人までも楽しめる作品です。私自身、アメコミに詳しくないんですが、なんの情報もなくても楽しめました。アメコミや歴史に詳しくなくても楽しめるし、知識があるとより楽しめるという面白い作品です。劇場で観ないと岩浪さんが悲しい思いをします(笑)。ぜひ劇場で体感してください!」と呼びかけ、イベントは幕を閉じた。

※「AnimeJapan」のイベントレポートなど関連記事はこちらから!

ニンジャバットマン(原題:BATMAN NINJA)

2018年6月15日公開

スタッフ

監督:水崎淳平
脚本:中島かずき
キャラクターデザイン:岡崎能士
音楽:菅野祐悟
アニメーション制作:神風動画

キャスト

バットマン:山寺宏一
ジョーカー:高木渉
キャットウーマン:加隈亜衣
ハーレイ・クイン:釘宮理恵
ゴリラグロッド:子安武人
トゥーフェイス:森川智之
デスストローク:諏訪部順一
レッドフード:石田彰
ロビン:梶裕貴
ナイトウィング:小野大輔
ポイズン・アイビー:田中敦子
ペンギン:チョー
ベイン:三宅健太
レッドロビン:河西健吾
アルフレッド:大塚芳忠

BATMAN and all related characters and elements (c) & TM DC Comics. (c)2018 Warner Bros. Entertainment All rights reserved.

コミックナタリーをフォロー