コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

バカリズムなりの応援上映を展開、映画「ひらがな男子」上映会に梶裕貴ら登壇

1053

左から梶裕貴、小出祐介、バカリズム、夢眠ねむ、水島精二監督。

左から梶裕貴、小出祐介、バカリズム、夢眠ねむ、水島精二監督。

アニメ「劇場版 ひらがな男子 ~序~」のプレミア上映会が、去る3月16日に東京・TOHOシネマズ新宿にて開催された。

バカリズム、小出祐介(Base Ball Bear)、夢眠ねむでんぱ組.inc)が出演する2次元キャラ育成バラエティ「アイキャラ3」より誕生した「ひらがな男子」。このたびの劇場版では監督を水島精二、脚本をバカリズム、キャラクターデザインを堀口悠紀子が務め、メインキャラの“あ”による仲間探しの旅が描かれた。

上映前にはバカリズム、小出、夢眠、水島監督に加え、アニメ制作プロダクション・サンジゲンの代表取締役・松浦裕暁氏、あ役の梶裕貴、う役の市川太一、の役の矢野奨吾が登壇。“応援上映”用に制作された同作について、バカリズムは「“応援上映”がどういうものなのかよく知らないまま、自分が思う応援上映のイメージで勝手に描いたので、普通の応援上映とはかなり違うと思います。普通の応援上映よりもかなり応援を要求される作品になっていると思う」と説明した。上映中は“応援のプロ”として呼び込まれたぁ役の大地葉、ぃ役の篠田みなみも、先端が筆型のサイリウム「筆リウム」を手に、客席後方から観客とともに声援を贈った。

上映後、改めて登壇したバカリズムは「僕はすごく楽しかったです。観客の皆さんはビックリするくらい声を出すように求められたと思いますけど、これが僕なりの応援上映です」と笑いながら挨拶。小出は「アニメ映画としてはもちろん、升野さん(バカリズム)作品としても楽しめました」、夢眠も「(応援上映の)猛者がチラホラいたんですが、その人たちの応援にも笑わせていただいたし、『次はもっとやれるな』って、何回も観たい作品」と感想を述べた。また夢眠は「最後にヤバいことが起きるとは聞いてたんですけど……ここだけはネタバレせず、SNSとかで『とにかく最後がヤバい』とだけ伝えてください」と念押しした。

水島監督は「普通のアニメのシナリオより、バカリズムさんの脚本はコントに近い。なるべくその味を活かそうと思った」と、今作を制作にあたり意識した部分を語る。梶は「『ひらがな男子』が劇場アニメ化するって聞いたときは『本気か!?』って思ったんですが(笑)、やっぱりバカリズムさんの脚本がすごく面白くて。ツッコミながら観れてとても楽しみやすいなと思いました」と語り、「早くも続編を観たい」と次回作への期待も寄せた。

初めて応援上映の様子を目の当たりにしたという市川は、「ここまで自由にしゃべっていいんだなって。お茶の間でテレビを観ているような感覚だったのがすごく新鮮で、皆さんと一緒に作品を作ってる感覚があり、もう1回通ってみたいと思いました」と述懐。矢野は「“の”が出てくるところは真面目なシーンなんですけど、なぜか笑いが起きるという。何よりお父さんが渋くてカッコよすぎる」と笑顔で振り返りながら、「お客様が笑顔で、笑い声がいっぱい聞けてそれがうれしかったです」と喜びを語った。

上映後の囲み取材にて、バカリズムは「(『ひらがな男子』が)こんな大がかりなことになるなんて、今日までイマイチわかってなくて。会場に来て『え、こんなことになってんの!?』って驚きました」と心境を語る。記者から「もし自分が出演するなら担当したいひらがなは?」と問われると、小出は「すでに豪華な声優さんの方々が(いろいろなキャラクターを)やられてますからね。上書きしたいという気持ちはないです(笑)」とコメントし、夢眠も「モブとかで出たいですね。村人とか」と想像を膨らませる。小出が「おじいちゃん、おばあちゃんとかもすごかったですよね。作画と声が全然違った」と笑うと、水島監督は「一番いい声でお願いしました。(農夫役の)藤原啓治さん最高でした」と振り返った。

映画「劇場版 ひらがな男子 ~序~」は5月11日よりTOHOシネマズ新宿などにて公開。またイベントではプレミア上映会の模様が、3月29日深夜放送の「アイキャラ」にてオンエアされること、4月から番組がシーズン4に突入することも発表された。

「劇場版 ひらがな男子 ~序~」

スタッフ

監督:水島精二
脚本:バカリズム
キャラクターデザイン:堀口悠紀子
クリエイティブディレクター:長江努
演出:古舘勝義
アニメーション制作:ディレクションズ

キャスト

あ:梶裕貴 
ぬ:杉田智和
た:鈴木達央
ね:緒方恵美
ば:下野鉱
う:市川太一
の:矢野奨吾
農夫:藤原啓治

「アイキャラ3」

放送日:毎月最終木曜日24:59~25:44
放送局:日本テレビ
出演者:バカリズム、小出祐介(Base Ball Bear)、夢眠ねむでんぱ組.inc

コミックナタリーをフォロー