こうの史代の新作読切がゴラクに、震災後の東北で生きる1人の女性を描く

1203

こうの史代の新作読み切り「はるかなる日々」が、本日3月9日に発売された週刊漫画ゴラク3月23日号(日本文芸社)に掲載されている。

「はるかなる日々」の扉ページ。(c)こうの史代/日本文芸社

「はるかなる日々」の扉ページ。(c)こうの史代/日本文芸社

大きなサイズで見る(全2件)

「はるかなる日々」は、東日本大震災後の東北で生きる1人の女性を描く物語。こうのが同誌にて不定期に発表しているイラストエッセイ「日の鳥」に連なる物語となっている。なおこうのは週刊漫画ゴラク3月30日発売号にて、オールカラーの巻末連載「百一(ひゃくいち)」をスタートさせる。

この記事の画像(全2件)

こうの史代のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 こうの史代 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。