コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「劇場版マクロスΔ」もう1人のワルキューレ?内田雄馬が「歌は、趣味!」と挨拶

1117

劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ」の初日舞台挨拶が、本日2月10日に東京・TOHOシネマズ 新宿にて開催された。

イベントにはハヤテ・インメルマン役の内田雄馬、フレイア・ヴィオン役の鈴木みのり、美雲・ギンヌメールの歌唱パートを担当したJUNNA、レイナ・プラウラー役の東山奈央、マキナ・中島役の西田望見、監督の河森正治が登壇。走ってステージに上がった内田は「皆さーん! いい感じですかー?」とファンに呼びかけ、大きな声援を浴びる。鈴木は「ゴリゴリしてますか? ルンピカしてますか?」と観客を煽り、JUNNAは「歌は神秘!」、東山は「歌は愛!」、西田は「みんなー! きゃわわですか?」とキャラクターにちなんだ挨拶を披露。それに続くように河森が「歌は激情!」と口にすると、内田は軽快にステップを踏みながら「歌は、趣味!」「事務所のプロフィールに特技はカラオケと書いています」と宣言し笑いを誘う。

テレビシリーズ時代から劇場版の製作を望んでいたという河森監督。「ワルキューレの2ndライブでみんなとお客さんの盛り上がりを見て妄想が膨らんで、『絶対に劇場版をやりますから!』と口走ってしまって」と話し、夢の実現を喜ぶ。鈴木は「これまでの続きかな、また最初からやるのかな?と、妄想をしていました(笑)」と製作決定を受けたときの心境を語り、JUNNAは「新曲をもらったときは、感情を込めて歌おうと意識しました」としみじみ。西田は「新たな気持ちで声を入れられるというのは本当に新鮮でした」とアフレコ時を振り返る。東山は「新規シーンも結構多いんですよ!」と観客にアピールした。

本作は当初の構成ではあまりに長尺だったそうで、河森監督は「血のにじむような削り作業でした」と苦労を述べる。「監督の中で、やりたいことはまだいっぱいあるんですよね?」と内田が聞くと、河森監督も同意。内田は「マクロスΔの未来感じるな!」と声を弾ませながらも「俺、消えたりしないかな……」と不安な様子を見せた。

また壇上では内田が「最近免許をとりまして、ついにパイロットになる気分を味わえました」と報告し、周りに「それスピード早すぎない!?」「怖い怖い!」とつっこまれる一幕も。内田は最後に「たくさんの人に応援されているという事実がとてもうれしいです!」と観客に深々と頭を下げ、感謝の気持ちを表す。そして全員で“ワルキューレポーズ”を取りながら「マクロスΔは?」「裏切らない!」とコールアンドレスポンスし、イベントは幕を閉じた。

(c)2017 ビックウエスト/劇場版マクロスデルタ製作委員会

コミックナタリーをフォロー