タアモが生贄の少女と少女を守る少年描く読み切り、宝塚版「ポーの一族」鼎談も

126

「アシさん」「たいようのいえ」などで知られるタアモによる読み切り「正直者がバカを見る」が、本日1月27日発売の月刊flowers3月号(小学館)に掲載された。

月刊flowers3月号

月刊flowers3月号

大きなサイズで見る(全2件)

「正直者がバカを見る」はこの世界の生贄である少女・マルーと、彼女を育てる役として仕える少年・ゲンチの物語。16歳になると国に納められるマルーだが、生贄の存在は口外禁止のため、世間では都市伝説とされていた。運命でつながる、マルーとゲンチの姿を描くファンタジックストーリーだ。

また今号には舞台「ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』」の上演を記念し、原作者の萩尾望都と宝塚歌劇団演出家の小池修一郎、エドガー・ポーツネル役の花組トップスター・明日海りおによる鼎談を掲載。明日海がエドガーを演じるうえでの胸中や役作りについて語っているほか、小池が演出でのこだわり、萩尾がそれぞれの印象を明かしている。そのほか今号には、絹田村子「重要参考人探偵」の番外編が掲載された。

この記事の画像(全2件)

関連記事

タアモのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 タアモ / 萩尾望都 / 小池修一郎 / 明日海りお / 絹田村子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。