コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

花村えい子、画業50周年で都築響一らと少女マンガトーク

2009年で画業50周年を迎えた花村えい子のトークイベントが、1月11日と1月17日に麻布十番のgm tenにて行われる。

トークは2回に分けて開催され、1月11日に行われるのは「トキメキ編」。花村は、自身が60年代から70年代にかけて描いた少女マンガの魅力について、水戸芸術現代美術館センター学芸員の高橋瑞木とともに語る。一方1月17日はガラリと雰囲気を変えて「抒情編」。花村が描いた妖しく華麗な女性たちが登場し、花村が描く抒情的な世界の魅力を、編集者、写真家の都築響一を迎えて語る予定だ。イベントはどちらも要予約で、定員は30人。

なお花村は、同じくgm tenにて展覧会「花村えい子展『見逃せないABC!』」を開催中。60年代から70年代に連載されたマンガやショウワノートの表紙、着せ替えなど当時の原画を中心に展示した「トキメキ編」、耽美で妖しい世界が描かれた「抒情編」、「今描きたいこと」をテーマにイラストや詩など新作を中心に紹介する「いまどき編」の3期に分けて開催している。

トキメキ編関連トークイベント「少女漫画の魅力って!」

日時:2010年1月11日(祝) 20:00
会場:gm ten
住所:東京都港区麻布十番4-1-7三和第二ビル3F
料金:1000円(1drink付き)
出演:花村えい子、高橋瑞木

抒情編関連トークイベント「妖しの世界、魅惑の女性達」

日時:2010年1月17日(日) 20:00
会場:gm ten
料金:1000円(1drink付き)
出演:花村えい子、都築響一

1話まるごと試し読みPR

コミックナタリーをフォロー