コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「2.5次元舞台展」本日から!「刀剣乱舞」本丸フォトスポットやVRコーナーも

1339

「舞台『刀剣乱舞』」のフォトスポットコーナー。

「舞台『刀剣乱舞』」のフォトスポットコーナー。

「『2.5次元舞台展』~MARVELOUS!20th ANNIVERSARY!~」が、本日11月6日より東京・原宿クエストホールにて開催される。

2.5次元舞台の始まりから現在に至るまでの歩みを、マーベラスがこれまでに手がけてきた11作品とともに紹介する本展。ミュージカル「テニスの王子様」や舞台「弱虫ペダル」ほか、人気タイトルの衣装や小道具などが展示されている。入場するとまずは各作品の紹介映像に出迎えられ、次に待ち受けていたのはミュージカル「テニスの王子様」のコーナー。青春学園、立海大附属、六角のユニフォームと、カーテンコールでキャストが腕に付けて使用する「キラキラミトン」がお目見えした。

続く舞台「弱虫ペダル」のエリアでは、小野田坂道のママチャリや各校のユニフォーム、舞台で出演者が握りしめるロードバイクのハンドルを展示。作品ごとにどの俳優が出演していたのかがひと目でわかる、大きなパネルも用意された。さらに進むと、「あんさんぶるスターズ!オン・ステージ」の楽屋コーナーへ。キャストの楽屋を再現した展示のほか、Knights、ナイトキラーズ、そして劇中で月永レオがKnightsの王様として帰還したシーンで用いられた椅子も並んでいる。

さらなるエリアでは、ミュージカル「薄桜鬼」、舞台「K」、超歌劇「幕末Rock」、舞台「東京喰種」、ミュージカル「青春-AOHARU-鉄道」、舞台「ジョーカー・ゲーム」、「B-PROJECT on STAGE『OVER the WAVE!』」の衣装が一挙にずらり。舞台「刀剣乱舞」のコーナーでは、今年6月から7月にかけて「舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜」で使用された、高さ2.56m、横幅10.1mにもなる大きな本丸のセットの一部が会場に出現。劇中の場面を再現するように、屋根の上には小夜左文字、歌仙兼定の衣装が並び、来場者はその前で記念撮影を楽しむことができる。また上演時に観客を驚かせた、鶴丸国永が黒甲冑に取り込まれた際の黒い衣装や、太鼓鐘貞宗・大倶利伽羅らの内番衣装など、ファンにはたまらない貴重な展示が満載だ。

なおVRシアターでは、本展限定の未公開ダイジェストが360°のVR映像で体験できる。「舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜」のオープニング曲「刀心情 ~かたなうらなさけ~」など、迫力あるステージを劇場の最前列に座ったような視点で楽しんでみては。また物販コーナーでは、舞台公演の蔵出しグッズのほか、クリアファイル、フレーバーティなどここでしか買えない限定グッズも多数用意されている。さらに会期中、来場者に展覧会限定のステッカーをプレゼント。デザインは日替わりなので、公式サイトで確認しよう。

「2.5次元舞台展」~MARVELOUS!20th ANNIVERSARY!

会期:2017年11月6日(月)~11月12日(日)
時間:10:00~20:30(最終受付は19:30)※ただし最終日のみ9:00~18:30(最終受付は17:30)
会場:原宿クエスト3階 原宿クエストホール
入場料:前売1800円、当日2000円 ※小学生以下無料

コミックナタリーをフォロー