コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

予告編到着!来年10月公開、実写「大奥」にニノ&柴咲

6

2010年10月1日からの全国ロードショーが決まっている、よしながふみ原作の実写映画「大奥」のキャストが決定した。水野祐之進を二宮和也が、女将軍・徳川吉宗を柴咲コウが演じる。

「大奥」は、若い男ばかりが罹る謎の疫病のため、男女の立場が入れ替わってしまった大奥を舞台としたパラレル時代劇。メロディ(白泉社)にて連載されている。

映画化されるのは単行本1巻に収録された「吉宗編」で、幼なじみへの想いを断ち切るため大奥に入り、剣の腕と才覚でのし上がっていく貧乏旗本の長男・水野祐之進と、大奥の男たちの運命を握り、改革に乗り出す女将軍・徳川吉宗の姿が描かれる。

水野祐之進役:二宮和也コメント

初の時代劇に、初共演と初モノづくしな印象です。
新鮮な気持ちで取り組み、新たな形の時代劇が出来上がる様に、出演者とスタッフで丁寧に作っていきたいです。
しかし、男女逆転大奥とは…。斬新だなあ。
そして、柴咲さんと共演できると聞いて、嬉しかったです。
お芝居がうまいと思えるひとと一緒にできるっていうのはとても幸せな現場だなぁっと。
今から楽しみにしております!

徳川吉宗役:柴咲コウコメント

客観的に、女性が将軍となっての「大奥」。
どんな映画になるのか楽しみです。
コミックを読んで、男女が逆転した世間の描き方に妙に説得力があったし、現代までに通ずる女性の芯の強さがより濃く感じられた。
その「吉宗」を演じさせていただくことになりましたが、持ち前の意志のハッキリしたところや一本気な性格を活かしつつ、役の根底にある魂の熱みたいなものを、作品の世界観と共に享受できたら、と思います。
本格時代劇初となりますが、自分の好む「和」の世界に浸りつつも新しいものが出せれば、と思います。
二宮和也さんとのお仕事は初めてですが、足を引っ張らないよう、且つ、お芝居を間近で受けられる喜びを携え、現場を楽しみたいと思います。

■ 映画「大奥」キャスト発表

コミックナタリーをフォロー