コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

麻生周一の連載デビュー作「ぼくのわたしの勇者学」が全3巻で文庫に

239

麻生周一「ぼくのわたしの勇者学」文庫版の1・2巻が、本日10月18日に発売された。

「ぼくのわたしの勇者学」は、私立ホーリーランス学園に赴任してきた勇者を自称する教師・鋼野剣を主人公にしたコメディ。勇者になるために必要な要素を学ぶ「勇者学」を専門とする鋼野と、彼の教え子たちのやりとりをコミカルに描いていく。同作は麻生の連載デビュー作として、2007年から2008年まで週刊少年ジャンプ(集英社)にて連載された。

文庫版は全3巻構成となっており、カバーには描き下ろしイラストを使用。カバーの折り返しには麻生の新規コメントが掲載された。なお1・2巻の帯には、10月21日に公開を控えた麻生原作による映画「斉木楠雄のΨ難」の監督を務める福田雄一が、「先生!僕よりもはるか以前にユルい勇者の物語を!これぞ運命ですね!」とコメントを寄せている。

コミックナタリーをフォロー