「ACCA13区監察課」舞台化!ジーン役は荒木宏文、ニーノ役は丘山晴己

3842

オノ・ナツメ原作によるテレビアニメ「ACCA13区監察課」の舞台化が決定。11月に上演される。

「舞台『ACCA13区監察課』」ビジュアル

「舞台『ACCA13区監察課』」ビジュアル

大きなサイズで見る(全3件)

「ACCA13区監察課」は13区に分かれた王国にある巨大統一組織・ACCA(アッカ)に関わる人々を描く群像劇。原作は月刊ビッグガンガン(スクウェア・エニックス)にて連載され、アニメは今年1月から3月まで放送された。

舞台版では、ジーン・オータス役を「ミュージカル『刀剣乱舞』」にてにっかり青江役を演じたD-BOYSの荒木宏文が、ニーノ役をミュージカル「スタミュ」にて鳳樹役を演じた丘山晴己が担当。2名がそれぞれのキャラクターに扮するビジュアルも公開された。

この記事の画像(全3件)

「舞台『ACCA13区監察課』」

2017年11月上演

キャスト

ジーン・オータス:荒木宏文(D-BOYS)
ニーノ:丘山晴己

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

オノ・ナツメのほかの記事

リンク

関連商品

(c)オノ・ナツメ/SQUARE ENIX・ACCA製作委員会 (c)舞台ACCA製作委員会

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 オノ・ナツメ / 荒木宏文 / 丘山晴己 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。