コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

光永康則が原作手がける女探偵のエロコメ始動、第1話では“処女島”に潜入

37

「怪物王女」の光永康則が原作を手がけるいのまるの新連載「玉キック」が、本日6月16日に発売されたアワーズGH8月号(少年画報社)にてスタートした。

「玉キック」は依頼に見合う料金さえ貰えれば、あらゆる仕事を引き受けるという美人探偵・黒住綾音を主人公に、さまざまな事件をお色気描写を交えながら描くエロコメディ。第1話では神職に携わる者以外は、処女しか上陸できないとされる通称・処女島を綾音が訪れる。

このほか今号では中村卯月「エンゲージ バレル」、塩野干支郎次「ウイングドマーメイズ」の2本が最終回を迎えた。

コミックナタリーをフォロー