コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

女性のための新感覚アンソロジー「HAKOBUNE」誕生、Vol.1表紙は八ツ目青児

230

芳文社の新しいアンソロジーシリーズ「HAKOBUNE」が始動。そのVol.1が本日3月29日に発売された。

「HAKOBUNE」は青年誌も好んで読むマンガ好きの女性をメインターゲットに、職業もの、人外題材、恋愛系など、面白い作品ならばジャンルを問わず掲載していくアンソロジー。第1弾では八ツ目青児がカバーイラストとマンガ「LOST」を執筆。そのほか麻生海、犬神スケキヨ、風町ふく、琥狗ハヤテ、栗田こなち、郷本、小松万記、白野ほなみ、千葉たゆり、猫野まりこ、丸顔めめ、梅眉よつの作品を掲載し、ヤマダサクラコのピンナップも収められた。Vol.2の発売は5月29日に決定している。

コミックナタリーをフォロー