「不能犯」ヒロインの女刑事に沢尻エリカ、原作の男性キャラが映画で女性に

243

宮月新、神崎裕也原作による実写映画「不能犯」の追加キャストが発表された。ヒロインとなる女刑事の多田友子役を沢尻エリカが演じる。

沢尻エリカ扮する多田友子。

沢尻エリカ扮する多田友子。

大きなサイズで見る(全7件)

多田友子は嘘と曲がったことが大嫌いで、誰もが振り返る警察署内一の美女。原作では男性のキャラクターだが、宇相吹役が松坂桃李に決まったことから、その魅力を引き立たせるため、女性キャラクターへと変更された。本作で刑事役に初挑戦した沢尻は「キャラクターのイメージは男性そのままで、正義感や意思が強く、内に秘めた熱いものを持った男っぽい女刑事になっています」とコメントを寄せている。

「不能犯」は数々の変死事件現場に現れるものの、誰もその犯行を証明することができない不能犯である宇相吹正が主人公のサスペンス。映画は白石晃士が監督を務め、2018年に公開される。

この記事の画像(全7件)

沢尻エリカコメント

今回の作品は、初めての刑事役でアクションにも挑戦しました。私が演じる多田友子という役は、原作では男性のキャラクターですが、映画では女性の設定になっています。キャラクターのイメージは男性そのままで、正義感や意思が強く、内に秘めた熱いものを持った男っぽい女刑事になっています。そして松坂さんは、本当に漫画から出てきたんじゃないかと思うほどイメージ通りのミステリアスな宇相吹を演じられていました。役者として尊敬できる素晴らしい方でした。そんな松坂さんや私の支えになっていたのが、白石監督でした。白石監督はとてもチャーミングな方で、映画自体は怖いシーンもありますが、現場を和やかにしてくれるムードメーカーでもあり、とても楽しい現場でした。すごくワクワク、ドキドキしながら撮影をしていました。素敵な作品に仕上がると思います。是非楽しみにしていて下さい。

全文を表示

関連記事

神崎裕也のほかの記事

リンク

関連商品

(c)宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 神崎裕也 / 沢尻エリカ / 松坂桃李 / 白石晃士 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。