コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

劇場版「CCさくら」舞台挨拶、岩男潤子が丹下桜の“さくらっぷり”語る

2375

CLAMP原作による「劇場版カードキャプターさくら」のリバイバル上映が、本日1月21日に全国9劇場でスタート。東京・新宿ピカデリーでは初日舞台挨拶が行われ、木之本桜役の丹下桜、大道寺知世役の岩男潤子が登壇した。

1999年に公開された「劇場版カードキャプターさくら」は、アニメ「カードキャプターさくら」の劇場版第1作。商店街の福引きで特賞の香港旅行を当てたさくらが、知世、雪兎、桃矢とともに初めての海外旅行に行き、魔都・香港でクラスメイトの小狼と苺鈴、そしてたなびく白い布をまとった謎の女魔導士と出会う。

にこやかに登場した丹下と岩男は、司会から「劇場版カードキャプターさくら」の劇場上映は17年半ぶりだと話を振られると、ともに驚きの声を上げる。当時のアフレコ現場ではいつも丹下の隣に座り、丹下の姿をビデオで撮りたくなっていたという岩男は「木之本桜ちゃんと丹下桜ちゃんが、本当に重なるんです。一生懸命で、可憐で」とにっこり。丹下が「細かすぎて伝わらない『劇場版カードキャプターさくら』の好きなところ」を観客に伝えている際も、岩男は隣で微笑みながら見守っていた。

また会場で改めてテレビアニメ「カードキャプターさくら クリアカード編」の制作決定と、過去のアニメシリーズと同じキャストとスタッフが集結することがアナウンスされると観客からは拍手が巻き起こる。新アニメプロジェクトが発表された6月の時点では、まださくら役として新アニメに出演できるかわからなかったと明かした丹下は「キャストもスタッフも、当時と同じ制作チームで作れることは奇跡。ありがたいです」とうれしそうに語った。

なお会場にて4月1日に東京・ルネこだいら大ホールにて、「さくらフェス2017 ~カードキャプターさくらお誕生日会~」の開催が発表された。イベントには丹下と岩男に加え、ケルベロス役の久川綾、李小狼役のくまいもとこ、月城雪兎役の緒方恵美も登壇する。

公開劇場

東京:新宿ピカデリー、シネ・リーブル池袋
神奈川:109シネマズ川崎
大阪:大阪ステーションシティシネマ、なんばパークスシネマ
京都:MOVIX京都
愛知:109シネマズ名古屋
福岡:ユナイテッド・シネマキャナルシティ13
北海道:ユナイテッド・シネマ札幌

(c)CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD./講談社 (c)CLAMP・ST・講談社/NHK・NEP (c)CLAMP・ST・講談社/バンダイビジュアル・マッドハウス

コミックナタリーをフォロー