コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ミュージカル「黒執事」三津谷亮が世界1位の一輪車技披露、公演に先駆け動画も

4658

枢やな「黒執事」を原作とする「ミュージカル『黒執事』~NOAH’S ARK CIRCUS~」に出演するダガー役の三津谷亮が、劇中にて一輪車技を披露することが発表された。

2000年、2004年と一輪車の世界大会で2連覇した経歴を持つ三津谷。舞台ではノアの方舟サーカスでナイフ投げを担当しているダガーとして、世界大会第1位の一輪車技を繰り広げる。三津谷からは、「一部で『一輪車の王子様』というあだ名をいただきましたが、舞台の世界でも王子様になれるように、一輪車で培った『心技体』の演技を活かしていければと思っています」と意気込みのコメントも到着。公演でのお披露目に先駆け、舞台の公式Twitterでは三津谷による一輪車動画も公開されている。

「ミュージカル『黒執事』~NOAH’S ARK CIRCUS~」は、単行本6~8巻に収録されている「サーカス編」が原作。英国各地で発生した子供の誘拐事件を調査するため、セバスチャンとシエルが謎の移動サーカス団に潜入するところから始まる人気エピソードだ。公演は11月18日から27日まで東京・TOKYO DOME CITY HALLにて行われ、その後、福岡・キャナルシティ劇場、兵庫・あましん アルカイックホール、愛知・刈谷市総合文化センター アイリス 大ホールでも巡演される。

三津谷亮コメント

2000年/2004年と世界大会を2連覇した僕の一輪車を、今回「黒執事」の「ノアの方舟サーカス」の世界で披露する機会をいただきました。
実は、先日、NHK大河ドラマ「真田丸」の打ち上げの場でも特技として披露させていただき、キャスト・スタッフの皆様から好評をいただきました!
一部で「一輪車の王子様」というあだ名をいただきましたが、舞台の世界でも王子様になれるように、一輪車で培った「心技体」の演技を活かしていければと思っています。
11月~12月、東京・福岡・兵庫・愛知と公演で回ります。フィギュアスケートシーズン真っただ中のこの期間、一輪車はまさに「舞台上のフィギュアスケート」だと思います。ぜひ劇場で体感してください!

ミュージカル「黒執事」~NOAH’S ARK CIRCUS~

東京公演

期間:2016年11月18日(金)~27日(日)
会場:TOKYO DOME CITY HALL

福岡公演

期間:2016年12月3日(土)~4日(日)
会場:キャナルシティ劇場

兵庫公演

期間:2016年12月9日(金)~11日(日)
会場:あましん アルカイックホール

愛知公演

期間:2016年12月17日(土)~18日(日)
会場:刈谷市総合文化センター アイリス 大ホール

スタッフ

原作:枢やな(掲載 月刊「Gファンタジー」スクウェア・エニックス刊)
脚本:竜崎だいち・毛利亘宏
演出:毛利亘宏

キャスト

セバスチャン・ミカエリス:古川雄大
シエル・ファントムハイヴ:内川蓮生

スネーク:玉城裕規
ビースト:田野アサミ
ダガー:三津谷亮

ウィリアム・T・スピアーズ:輝馬

ソーマ・アスマン・カダール:陳内将
アグニ:TAKUYA(CROSS GENE)

バルドロイ:鷲尾昇
フィニアン:河原田巧也
メイリン:坂田しおり

葬儀屋(アンダーテイカー):和泉宗兵
フレッド・アバーライン:高木俊
シャープ・ハンクス:寺山武志

ドール:設楽銀河
ピーター:倉知あゆか(G-Rockets)
ウェンディ:知念紗那(G-Rockets)
ジャンボ:後藤剛範

ケルヴィン男爵:小手伸也
先生:姜暢雄

ジョーカー:三浦涼介

※記事初出時、キャスト名に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

コミックナタリーをフォロー