「千本桜」がヤングガンガンに咲く!人気ボカロ曲のコミカライズが開幕

100

黒うさPによる楽曲「千本桜」を原作とした、一斗まる「小説 千本桜」がマンガ化。「千本桜 ―大正百年帝都桜京―」というタイトルにて、本日10月21日発売のヤングガンガンNo.21(スクウェア・エニックス)より新連載がスタートした。マンガは石見翔子が手がけている。

「千本桜 ―大正百年帝都桜京―」扉ページ

「千本桜 ―大正百年帝都桜京―」扉ページ

大きなサイズで見る(全2件)

ヤングガンガンNo.21

ヤングガンガンNo.21[拡大]

「千本桜」は黒うさPによるボーカロイド曲。ニコニコ動画では再生回数が1200万回を超え、カラオケなどでも多くの人々に歌われ続けている人気の楽曲だ。コミカライズ版では大正100年の世界を舞台に、主人公の初音未來ら少年少女たちが、“影憑”と呼ばれる化け物から帝都を守るため働く姿を描く。

そのほか今号には、西渡槇「このアシスタントがヒドい!」、たかしげ宙原作・衣谷遊作画「エレメンツ・ネットワーク」といった読み切りを掲載。「このアシスタントがヒドい!」は3号連続にて展開される。

この記事の画像(全2件)

石見翔子のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 石見翔子 / 西渡槇 / 衣谷遊 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。