「王都妖奇譚」の岩崎陽子が新たなルパンを描く連載、GOLDで開幕

481

岩崎陽子による新連載「ルパン・エチュード」が、本日10月15日発売のプリンセスGOLD12月号(秋田書店)にてスタートした。

「ルパン・エチュード」イメージカット

「ルパン・エチュード」イメージカット

大きなサイズで見る(全2件)

「王都妖奇譚」で知られる岩崎による今作は、アルセーヌ・ルパンを新たな解釈で描いたピカレスク・ロマン。舞台は19世紀末のフランス、出演者全員が女性のサーカス団「シルク ドゥ ラ デェス」の元に、頼りない青年・ラウールが仕事を求めてやってきた。サーカスのスタッフであるエリクは、普段はぼんやりしているラウールが時おり鋭い目つきと動きを見せることに気づく。

また今号には、もとなおこ、竹内未来、高階良子幹本ヤエ、雪狸によるミステリー作品を再録した「GOLD特選 秋の夜長のミステリー」が別冊で付属している。

この記事の画像(全2件)

岩崎陽子のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 岩崎陽子 / もとなおこ / 高階良子 / 幹本ヤエ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。