コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

大暮維人、マンガ賞審査員として初投稿の思い出を語る

今年より新設されるマンガ賞「ファンタジーコミック大賞」の特別企画第3弾として、本日8月27日発売の週刊ヤングジャンプ39号(集英社)には大暮維人のインタビューが掲載されている。

パチンコで作った借金を返すあてがなく、賞金欲しさに投稿を始めたというハードボイルドな思い出話からインタビューはスタート。成人領域での活躍を経て一般誌へと進出した経歴を持つ大暮は、初投稿作について「バイクが好きだったので、バイクで走る話を書きたい思った」「成年誌だったのでエロの要素を入れなきゃならない」と創作にまつわる当時の葛藤を語った。

「ファンタジーコミック大賞」審査員として、ファンタジーとは何かも講義している。「ファンタジーの根っこにあるのは“大嘘”」「現実にはないものですからね」「根っこの部分の大嘘をリアルにするのは細部(ディテール)」と、リアリティの構築方法を伝授。読みたいマンガは「サイエンスファンタジー」と、SFに関する独自の見解も述べている。

インタビュー完全版は、「ファンタジーコミック大賞」公式サイトに後日写真付きで掲載される。インタビュー第4弾には「GANTZ」の奥浩哉が登場予定とのこと。

コミックナタリーをフォロー