うめが表紙手がけた、探偵も犯人も著者もプログラマーのミステリー小説

156

「大東京トイボックス」「スティーブズ」のうめが表紙イラストを担当した、柳井政和のミステリー小説「裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬」が発売された。

「裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬」

「裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬」

大きなサイズで見る

本作はこれまで、フリーソフトの開発やプログラミングに関する著書を手がけてきた柳井の小説家デビュー作。第23回松本清張賞の最終候補に残り僅差で落選するも、選考委員の熱い後押しによって書籍化されたものだ。プログラマー専門の材派遣会社を立ち上げた安藤裕美が、自らが巻き込まれた事件を解決するべく、やる気のなさげなプログラマー探偵・鹿敷堂桂馬とともに事件に立ち向かう。帯には三浦しをんから推薦コメントが寄せられた。

うめのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 うめ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。