許斐剛、1日7公演のイベントでキャラと再び共演!「許斐キングダムに酔いな」

2970

許斐剛のチャリティーイベント「許斐 剛☆サプライズLIVE~一人テニプチフェスタ~」が、本日6月26日に神奈川・DMM VR THEATERにて開催された。コミックナタリーでは6月23日に行われた関係者・プレス向けのゲネプロの模様をお届けする。

「許斐 剛☆サプライズLive~一人テニプチフェスタ~」の模様。(左から)許斐剛、越前リョーマ、跡部景吾。

「許斐 剛☆サプライズLive~一人テニプチフェスタ~」の模様。(左から)許斐剛、越前リョーマ、跡部景吾。

大きなサイズで見る(全14件)

「許斐 剛☆サプライズLive~一人テニプチフェスタ~」の模様。

「許斐 剛☆サプライズLive~一人テニプチフェスタ~」の模様。[拡大]

「新テニスの王子様」で知られる許斐は、6月22日に1stアルバムをリリースしたばかり。1月には初のワンマンライブ「許斐 剛☆サプライズ LIVE ~一人テニプリフェスタ~」も成功を収めていた。今回のライブは、チャリティーイベントとして1日で合計7公演を実施。収益の一部は熊本地震の被災地へ寄付され、会場には募金箱も設置された。

越前リョーマとデュエットする許斐剛。

越前リョーマとデュエットする許斐剛。[拡大]

ライブの前には、橘桔平(CV:川原慶久)と千歳千里(CV:大須賀純)の九州二翼が注意事項をアナウンスし、「みんなのパワーば、熊本まで届けてくれるとうれしいばい」とメッセージを送る。会場が暗転すると、1月のライブでもオープニング曲として使用された「サプライズ☆タイム -INSTRUMENTAL-」が流れ、両サイドには神殿のような柱が現れる。すると許斐が現れ「2.5次元の世界へようこそ!このシアターでは、越えてはいけない線を越えてしまうかもしれません」と客席の期待を煽り、越前リョーマとともに「GO」を歌唱した。登場するキャラクターは許斐が描き下ろしたイラストをもとに3DCGで制作され、別室でアクターがモーションキャプチャのスーツを着て踊る姿をリアルタイムで投影している。前回のライブでもさまざまなキャラクターが登場したが、リョーマは今回が初お目見えとなる。許斐とリョーマはシンメトリーのダンスを交えて、見事にデュエットを披露した。

越前リョーマを紹介する許斐剛。

越前リョーマを紹介する許斐剛。[拡大]

MCタイムでは「ハッピーメディアクリエイター時々漫画家の許斐剛です」と挨拶。「今日は我が主人公のリョーマくんが来てくれています!」とリョーマを紹介し、「ねえみんな、元気だった? 青学テニス部1年、越前リョーマっす」とリョーマも自己紹介。許斐が「今はアメリカ代表だけどね。チ・ビ・ス・ケ」と語りかけると、リョーマが「ちぇっ」と不服げな様子を見せるなど、キャラクターとの会話を楽しむ場面も見られた。そして「今回のイベントは熊本・大分の被災地の方々のために何か『テニプリ』でできないかなと、テニプリキャラと松井プロデューサーをはじめとするハッピーメディアプレゼンターの方々と企画しました。1人でも多くの方に来ていただきたいと、全7公演用意してますので、お楽しみください」と、今回のチャリティーイベントの主旨を説明する。

歌う手塚国光を盛り上げる許斐剛。

歌う手塚国光を盛り上げる許斐剛。[拡大]

次に歌われたのは、「マンガの中のキャラクターが読んでる人のことを好きになるという歌」だという「悲しいね…キミが近すぎて」。許斐が歌う横で、リョーマはスマッシュを決めてみたり、歌詞に合わせたバックダンスで楽曲を盛り上げる。そして次に登場したキャラクターは青学テニス部部長の手塚国光。ドイツジャージ姿で現れた手塚に、許斐が「今日も来てくれたんだ」とうれしげに話しかけると、「大石からメールをもらったもので」と返答。2人は「じゃあ君がリハビリ合宿した熊本にエールを贈ろうか」「油断せずに、テニプっていきましょう!」と息を合わせ、「テニプって行こう」を披露し会場を沸かせる。

跡部景吾と手塚国光。

跡部景吾と手塚国光。[拡大]

そして「おい手塚!ドイツ土産にビールって、俺たち中学生だぞ!」と跡部景吾が登場。氷帝コールが巻き起こり、跡部が「パチーン!」と合図をすると、「Adventure Hero」のイントロが流れ始める。跡部は「お前ら、俺を見ろ!先生を見ろ!」と、許斐とのデュエットで盛り上げた。ラストに許斐は、リョーマ&跡部とともに「Love Festival」をパフォーマンス。跡部は「俺様たちの美技に酔いな!」、リョーマは「このイベントでハッピーになれないようじゃ、まだまだだね」と決めゼリフを交えて盛り上げた。

許斐剛

許斐剛[拡大]

「最後に熊本・大分の被災地で今も懸命にがんばる方のために、『テニプリを支えてくれてありがとう』のコールをみんなで一緒にやりたいと思います」と許斐が発し、「青学!不動峰!ルドルフ 山吹 氷帝!緑山 六角 比嘉中 四天に立海 Fight!」のコールを5回繰り返してライブは終演。リョーマは「サンキュー! また会おうね」、跡部は「まだまだ許斐キングダムに酔いな」と残してステージを後にした。

特製の盾を授与された許斐剛と、跡部景吾、越前リョーマ、手塚国光。

特製の盾を授与された許斐剛と、跡部景吾、越前リョーマ、手塚国光。[拡大]

この日はライブ後に、「テニスの王子様」関連のCDが400タイトルを突破したことを記念した表彰式が行われた。2001年12月5日に発売された1タイトル目から数えて、許斐剛の1stアルバム「許斐剛☆サプライズLive~一人テニプリフェスタ~」が400タイトル目となる。このために制作された、自身のイラストが描かれた特製の盾を授与された許斐は「ギネス申請はいつですかね?(笑)」と微笑んだ。さらに6月22日にリリースしたアルバムがオリコンデイリーチャートで22位にランクインしたことを知らされると、「もっと上を目指したいですね」と貪欲な姿勢をうかがわせる。

「許斐 剛☆サプライズLive~一人テニプチフェスタ~」の模様。

「許斐 剛☆サプライズLive~一人テニプチフェスタ~」の模様。[拡大]

またライブの感想を問われると「(キャラクターが)どうなってるか、こっち(ステージ)からは見えないので。キャラと目線を合わせるのが難しかったです」と話しつつも、「たぶん(客席からは)ウォルト・ディズニーとミッキーのように見えてくれればいいな」と微笑んだ。また「これからも前人未到のものを作っていきたいなと思います」と、先を見据えて宣言した。

アルバム「許斐剛☆サプライズLive~一人テニプリフェスタ~」は、Blu-ray付き、DVD付き、CD単体の3形態で発売中。Blu-ray / DVDには、1月に開催されたワンマンライブの模様が収められている。

この記事の画像(全14件)

チャリティーイベント「許斐 剛☆サプライズ LIVE ~一人テニプチフェスタ~」セットリスト

01.サプライズ☆タイム -INSTRUMENTAL-
02.GO(Short Ver./越前リョーマ Duet With 許斐剛
〈MC〉
03.悲しいね…キミが近すぎて(Short Ver./許斐剛)
04.テニプって行こう(Short Ver./許斐剛 with 手塚国光)
05.Adventure Hero(許斐剛 with 跡部景吾)
06.Love Festival(許斐剛 with 越前リョーマ&跡部景吾)

全文を表示

関連記事

許斐剛のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 許斐剛 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。