コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

手塚治虫「人間ども集まれ!」舞台化、戦争の道具として人間を輸出する風刺作

319

手塚治虫「人間ども集まれ!」をTCアルプが舞台化。10月20日から22日にかけて長野県・まつもと市民芸術館で上演される。

「人間ども集まれ!」は、死を恐れない生きた人間“無性人間”を戦争の道具として世界中に輸出する独立国・太平天国を舞台にした、大人向けの風刺マンガ。“無性人間”の材料となる特集な精子の持ち主・天下太平の苦悩と戦いを描く。1967年から1968年にかけて、週刊漫画サンデー(実業之日本社)に連載されていた。

本作の脚本・演出を手がけるのは、過去にも手塚作品を原作とした舞台「アドルフに告ぐ」の脚本を手がけた木内宏昌。「人間ども集まれ!」の初版本を持つ木内は、かねてから同作の芝居化の構想を練っていたという。舞台はワークショップを重ねながら作り上げられ、1回の上演だけでなく今後シリーズ化されていく予定。

TCアルプの近藤隼、佐藤卓、細川貴司、下地尚子のほか、池田有希子、内田亜希子、久松信美、深貝大輔らも出演。チケットは6月25日発売で、劇場の窓口、電話、公式サイトでも販売される。

舞台「人間ども集まれ!」

期間:2016年10月20日(木)~10月22日(土)
会場:まつもと市民芸術館小ホール
チケット:一般4000円、U252500円(未就学児入場不可)

スタッフ

原作:手塚治虫
脚本・演出:木内宏昌
美術:松岡泉
照明:倉本泰史
音響:那須野幸太郎
舞台監督:横沢紅太郎
監修:串田和美

キャスト

近藤隼
佐藤卓
細川貴司
下地尚子
池田有希子
内田亜希子
久松信美
深貝大輔

コミックナタリーをフォロー