コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

青野春秋が描くミステリアスなシェアハウス、100万円でつながる女5人と男1人

73

「俺はまだ本気出してないだけ」などで知られる青野春秋の新作「100万円の女たち」の1巻が、本日3月30日に発売された。

週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)にて連載中の「100万円の女たち」は、ミステリー要素を含むラブコメディ。売れない小説家の道間慎と、彼とともに暮らし、毎月彼に100万円を払う5人の女たちの関係を描く。女たちはなぜ道間に100万円を支払い、彼に世話をされているのか。謎の多い六角関係に注目だ。

また単行本の発売を記念し、青野による直筆の似顔絵プレゼント企画も実施。気になる人は青野の担当編集による公式Twitterをフォローし、ハッシュタグ「#100万円の女たち」をとともに感想をつぶやこう。当選者には担当者からDMが送られる。

コミックナタリーをフォロー