コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「ノラガミ」舞台化決定!夜ト役は鈴木拡樹、雪音役は植田圭輔

6979

あだちとか「ノラガミ」の舞台化が決定した。

主人公・夜ト役を演じるのは、「最遊記歌劇伝」玄奘三蔵役や舞台「弱虫ペダル」荒北靖友役を務めた鈴木拡樹。夜トの神器となった雪音役は、同じく舞台「弱虫ペダル」真波山岳役などで知られる植田圭輔が務める。

また毘沙門天の神器である兆麻役を、「ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズン」で6代目手塚国光役や、舞台「ダイヤのA The LIVE」で御幸一也役を演じた和田琢磨が担当。魂が抜けやすい体質の女子・壱岐ひより役は長谷川かすみ、最強武神・毘沙門役は安藤彩華、かわいらしい女神・小福役は糸原美波、小福の神器・大黒役は友常勇気がそれぞれ演じる。

さらに鈴木が夜トに扮したティザービジュアルも公開された。本公演では原作をもとにしたオリジナルストーリーが描かれる。舞台は2016年1月28日より、AiiA 2.5 Theater Tokyoにて上演。チケットの販売は本日11月17日10時にスタートした。

「ノラガミ」は「斬る」以外に能のない無名の神・夜トと、幽体離脱しやすい体質になってしまった女子・ひよりを中心に描いたファンタジー。月刊少年マガジン(講談社)にて連載中だ。なお最新15巻は本日発売。通常版に加え、オリジナルアニメDVDが付属した限定版も用意されている。DVDには短編集のエピソードをアニメ化した「一時の定型に沿う事」が収録された。

舞台「ノラガミ」

期間:2016年1月28日(木)~31日(日)全8公演
会場:AiiA 2.5 Theater Tokyo
チケット先行販売:2015年11月17日(火)10:00~11月29日(日)23:59

キャスト

夜ト役:鈴木拡樹
雪音:植田圭輔
壱岐ひより:長谷川かすみ
毘沙門:安藤彩華
兆麻:和田琢磨
小福:糸原美波
大黒:友常勇気
ほか

コミックナタリーをフォロー