コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

スパイ小説「ジョーカー・ゲーム」TVアニメ化、キャラ原案は三輪士郎

544

柳広司によるスパイ小説「ジョーカー・ゲーム」のTVアニメ化が決定した。キャラクター原案は、「DOGS/BULLETS&CARNAGE」などで知られる三輪士郎が手がける。

「ジョーカー・ゲーム」は2008年に角川書店より発行され、2009年に第30回吉川英治文学新人賞および第62回日本推理作家協会賞を受賞した作品。世界大戦の火種がくすぶる昭和初期を舞台に、帝国陸軍の“スパイマスター”結城中佐によって設立されたスパイ養成部門「D機関」の活躍が描かれている。2015年1月には実写映画が公開され、亀梨和也が主演を務めた。また霜月かよ子によるコミカライズ版も、週刊ビッグコミックスピリッツや月刊!スピリッツ(ともに小学館)にて展開されていた。

監督は「攻殻機動隊 新劇場版」の野村和也、アニメーション制作はProduction I.Gが手がける。本日8月10日に公式サイトもオープン。詳細は続報に期待しよう。

(c)柳広司・KADOKAWA/JOKER GAME ANIMATION PROJECT

コミックナタリーをフォロー