コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

松本零士が1960年代に発表した児童向け絵物語、単行本未収録作がREDに

196

松本零士が手がけた児童向け絵物語を収録した小冊子が、発売中の月刊チャンピオンRED9月号(秋田書店)に付属している。

「美しき絵物語の世界」には、零士が1960年代に小学館の学年誌にて発表した「ばらのおうじ」「ながぐつをはいたねこ」「ふしぎなランプ」「ベルとまもの」の4作品が収められた。「ベルとまもの」は零士と牧美也子の夫婦合作で、美女を牧が、まものを零士が担当している。全て単行本未収録。

このほか今号では新鋭・愛田ぱんの新連載「ふかふか放課後パンくらぶ」がスタート。放課後にパンを食べることを唯一の楽しみとする男子高校生と、お金持ちで成績優秀な超美少女だが一切笑顔を見せない女子高生の交流が描かれている。また永井豪&ダイナミックプロ「グレンダイザー ギガ」、糸杉柾宏「クロスエッチ」はそれぞれ最終回を迎えた。

次号10月号は8月19日発売。田口央斗の新連載「下町エンジェルライナー~機械式制服少女製造所~」が始動する。

コミックナタリーをフォロー