「37.5℃の涙」木村カエラ作詞の新曲が挿入歌に、「気持ち突き動かされた」

90

椎名チカ原作による連続TVドラマ「37.5℃の涙」の挿入歌が、木村カエラの「EGG」に決定した。

ドラマ「37.5℃の涙」の挿入歌を担当する木村カエラ。

ドラマ「37.5℃の涙」の挿入歌を担当する木村カエラ。

大きなサイズで見る(全4件)

「37.5℃の涙」は、無愛想なことから「笑わない病児保育士」として有名な桃子が、子どもの病気の裏側に隠れた家族の問題を解きほぐしていくヒューマンドラマ。カエラは挿入歌の制作にあたり、原作とドラマの脚本を読み込み、ドラマが伝えようとするテーマをどう表現するかスタッフと話し合いを重ね、歌詞を書き下ろした。

楽曲に対し、ドラマで桃子を演じる蓮佛美沙子は「子育て、仕事を頑張る人たちすべてにしみわたる素敵な曲だと思いました。劇中で流れるのが今から楽しみでなりません」とコメントを寄せている。

ドラマ「37.5℃の涙」は、7月9日21時からTBSにてオンエア。なお「EGG」はカエラのニューシングルとして、9月2日にリリースされる。

この記事の画像(全4件)

木村カエラコメント

今回、ドラマ制作スタッフのみなさんからドラマ挿入歌のお話を頂きました。
原作の漫画と脚本を拝見し、物語で描かれる主人公桃子の過去の思い出からくるネガティヴな感情を持ちながらも、人に優しさや愛を与え、前に進んでいく姿に気持ちを突き動かされ歌詞を書きました。
桃子が病児保育士の卵ということもあり、その姿は私の中で、殻を何度も叩き外の世界に出ようとするヒナ鳥の姿と重なり、今回EGGという曲で表現することができました。
誰もが経験する成長の瞬間、そして、大切な人の側に寄り添う楽曲にこのEGGが育っていくことを願っています。

蓮佛美沙子

優しくて、でも力強くて、桃子の背中を押してくれる、そして子育て、仕事を頑張る人たちすべてにしみわたる素敵な曲だと思いました。劇中で流れるのが今から楽しみでなりません。

木曜ドラマ劇場「37.5℃の涙」

日時:2015年7月9日21:00~(初回15分拡大)
放送局:TBS

キャスト

杉崎桃子:蓮佛美沙子
朝比奈元春:成宮寛貴
篠原健介:速水もこみち
柳主税:藤木直人
関めぐみ:水野美紀
杉崎富美子:浅野温子
杉崎優樹:水上剣星
優美香:トリンドル玲奈

全文を表示

関連記事

椎名チカのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 椎名チカ / 木村カエラ / 蓮佛美沙子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。