コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

1000年に1度のアニバーサリー。今年は「009」イヤー

2009年は石ノ森章太郎「サイボーグ009」誕生から45周年、そして西暦に「009」が揃うメモリアルイヤーであることを記念した関連企画が多数用意されている。

目玉は大手出版各社による「サイボーグ009」コンプリートコレクションの連続リリース。秋田書店、角川書店、講談社、小学館が協力してひとつの作品を発行する、前代未聞のリレー出版だ。第1弾となる秋田書店版が4月30日に発刊され、2010年2月末発売予定の小学館版がアンカーとなる。

また4月14日からは、秋葉原UDX4階東京アニメセンターにて「東映版・サイボーグ009展」が開催される。「009」アニメシリーズの原点である東映アニメーション版にスポットを当て、劇場版3作品、およびモノクロ版TVシリーズの関連資料を展示。モノクロ版TVシリーズのオープニング集などが展示される。開催期間は5月10日まで。

さらに5月12日には秋葉原 UDX THEATERにて、009のリーダーこと島村ジョーの誕生日を記念したイベントも開催。アニメシリーズにて009役を演じた歴代声優たちが集結する。

メモリアルイヤーを迎え、大きな盛り上がり見せる「009」。1000年に1度の奇跡をお見逃しなく。

1話まるごと試し読みPR

コミックナタリーをフォロー