コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

佐藤ミトがヘヴン登場、事故を機に距離が生まれた高校生描く青春恋愛譚

38

本日6月9日に発売されたコミックヘヴンVol.18(日本文芸社)にて、「春の包帯少女」で知られる佐藤ミトの新連載「流れ星に願うほど僕らは素直じゃない」がスタートした。

「流れ星に願うほど僕らは素直じゃない」は寂れた田舎町を舞台に、高校生の男女グループが織り成す青春ラブストーリー。グループ内の少女が5年前に事故で昏睡状態に陥ってしまったことをきっかけに、彼らの仲間内には少しずつ距離が生まれはじめていた。そんなある日、事故にあった少女のお見舞いへと彼らが出向く場面から物語は動き出す。

コミックナタリーをフォロー