コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

100人の服部半蔵が日本を支配する、「ロボット残党兵」の横尾公敏新連載

124

「ロボット残党兵」の横尾公敏による新連載「百人の半蔵」が、本日11月6日に発売された月刊少年チャンピオン12月号(秋田書店)にてスタートした。

「百人の半蔵」の舞台は最強の忍者・服部半蔵に育てられ、その名を継いだ100人の忍びに支配された日本。「弱い者共はクズ」という法のもと半蔵たちが暴虐を尽くす世で、謎の剣士・極楽浄土無縁之助が彼らに反旗を翻す。鬼才・横尾が荒唐無稽な設定とアクションで見せる、異色の時代劇に注目したい。

そのほか今号の月刊少年チャンピオンには、高橋ヒロシによる「クローズ外伝 片桐拳物語」の単行本が11月7日に発売されることを記念してバッグタグが付属。坊屋春道が着用しているベルトのバックルをイメージしたデザインだ。また12月6日発売の2015年1月号では、本田真吾「ハカイジュウ」の第2部が開幕する。

コミックナタリーをフォロー