コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

手塚治虫が病床で遺した“素晴らしいアイデア”、RADWIMPS野田主演で映画に

315

手塚治虫の日記を原拠とした長編映画「トイレのピエタ」が、2015年の初夏に公開されることが決定した。主演はRADWIMPSの野田洋次郎が務める。

手塚が死の直前まで綴っていた日記の「今日素晴らしいアイデアを思いついた! トイレのピエタというのはどうだろう。癌の宣告を受けた患者が、何一つやれないままに死んでいくのはばかげていると、入院室のトイレに天井画を描きだすのだ…(中略)浄化と昇天。これがこの死にかけた人間の、世界への挑戦だったのだ!」という言葉にインスパイアされた本作。監督と脚本はドキュメンタリー映画「ピュ~ぴる」などで知られる松永大司が務め、手塚作品の根底にある「生命の尊さ」がテーマとして掲げられた。松永監督が手塚の構想から、どのようなストーリーを描き出すのか注目したい。

映画では主人公の園田宏役を野田が担当。またプロデューサーとして「ノルウェイの森」などで知られる小川真司と、「ヘルタースケルター」を手がけた甘木モリオの2人が参加する。

コミックナタリーをフォロー