コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

水木しげる作品を活動弁士が表現、米子にて

66

11月2日に鳥取県米子市で開催される「活弁マンガまつり」の二幕にて、鳥取県ゆかりのマンガ家の作品が、活動弁士の生の語りによって上演される。

「活弁マンガ」ではマンガのページを使用したスライドに音楽やエフェクトを盛り込んで上映し、そこへ弁士が息を吹き込む。登場するマンガ作品は、水木しげるの「幸福の甘き香り」「花町ケンカ大将」、そして寺西竜也原作、小村博明作画による神話ファンタジー「女神十神」の3タイトル。大の水木しげるファンで知られる坂本頼光弁士による、水木マンガの表現を堪能してみては。

活弁マンガまつり(「第四次 米子映画事変」の一環として開催)

日時:2014年11月2日(日)10:30開場、11:00開演
会場:イオン米子駅前店3階 ガイナックスシアター(ホール Betty)
住所:鳥取県米子市末広町311
※米子映画事変全イベント共通フリーパスにて入場可。全日フリーパス前売2300円、当日2500円、1日フリーパス1000円。

一幕
「お猿の艦隊」
監督:宮下萬蔵
弁士:坂本頼光

「忍術千一夜」
監督:大伴竜三
弁士:斎藤裕子
出演:近衛十四郎/高原富士子/水川八重子

「東京行進曲」
監督:溝口健二
弁士:坂本頼光
出演:夏川静江/一木礼二/小杉勇

二幕
「女神十神」
原作:寺西竜也
漫画:小村博明
弁士:斎藤裕子

「幸福の甘き香り」
漫画:水木しげる
弁士:坂本頼光

「花町ケンカ大将」
漫画:水木しげる
弁士:坂本頼光

コミックナタリーをフォロー