コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

美内すずえTV出演、次回作のテーマは「日本」

242

「津田大介 日本にプラス」収録現場の様子。左から下平さやかアナウンサー、津田大介、美内すずえ。

「津田大介 日本にプラス」収録現場の様子。左から下平さやかアナウンサー、津田大介、美内すずえ。

10月9日にCSテレ朝チャンネル2にて放映される報道番組「津田大介 日本にプラス」に、「ガラスの仮面」で知られる美内すずえが出演する。

ジャーナリストの津田大介がメインキャスターとなり、ピックアップされた話題から「日本にとってプラスとなる提案」を行う同番組。9日の放送回では「『ガラスの仮面』がなぜ世代と年月を越えて愛されているのか」と題し、これまでの「ガラスの仮面」に関する制作秘話やその魅力のほか、ITやネットを用いたマンガ文化の伝承について紹介する。スマートデバイスを使いこなしファンと交流するという美内の意外な一面も見られるので、ファンは要チェック。

番組の収録後に取材に応じた美内は、「読者の方が作家に対して抱いているイメージや夢を壊してはいけないので、顔を出して語るのはあまり好きではないんですが……」と笑いながらコメント。しかし今回はITやネットを用いたこれからのマンガ文化について話せる機会と聞き、「珍しい切り口なので、津田さんとお会いして話してみたい」と出演依頼を快諾したという。

また紙の雑誌が不振に陥っている昨今の状況については「確かに危機感はあります」と言いつつも、「逆に紙媒体にこだわらなくてもいい時代に入ってきたのでは」と前向きな考えを見せる。「新しいものが出たらその先を見据えて、どういう表現方法をとるかを考えていきたいですね」と、WEBマンガや電子書籍が伸びている現状にポジティブな見解を示した。

最後にファンへのメッセージを求められた美内は「どうか健康で長生きして、『ガラスの仮面』の終わりを見届けてほしい」と語り、場の笑いを誘う。歴史的な長期連載となっている同作について「決してラストを描くのをあきらめたわけではないので、見守っていてください」と完結への意欲を見せた。また「だいぶ前から、次回作のテーマは『日本』と決めているんです」という発言も。「日本の精神文化が生まれることになった超古代について考えたり、取材をしたりしています」と話し、まだ見ぬ次回作への期待を感じさせてくれた。ファンは楽しみに待とう。

津田大介 日本にプラス #56

初回放送日時:2014年10月9日(木)20:00~20:55
リピート放送日時:2014年10月16日(木) 6:30~7:25、同20:00~21:00、10月23日(木)6:30~7:25
放送局:CSテレ朝チャンネル2

コミックナタリーをフォロー