IKKIラスト前号、ニッケルオデオンなど完結

261

月刊IKKI10月号(小学館)が本日8月25日に発売された。休刊前号となる今号では、道満晴明の「ニッケルオデオン」と山田太一原作による新井英樹「空也上人がいた」が最終回を迎えている。

月刊IKKI10月号

月刊IKKI10月号

大きなサイズで見る(全4件)

2010年から発表されてきた「ニッケルオデオン」。1話完結型のショート作品として、道満晴明ワールドを淡々と展開してきた。最終話は巻頭カラーにて掲載されており、「赤」「緑」に続く最後の単行本「ニッケルオデオン 青」は、9月30日に発売される。

山田による小説を新井がコミカライズした「空也上人がいた」は、とある老人の介護にまつわる物語。全368ページを1冊にまとめた単行本は「ニッケルオデオン」最終巻と同じく、9月30日に刊行される予定だ。巻末には新井と山田による特別対談も収められる。

そのほか今号では三浦靖冬「薄花少女」が、IKKIでの連載を終了した。今後は小学館の他誌にて連載が継続されていくとのこと。また小林じんこ「JUNKIN' GAP CLASH」が約3年ぶりに登場したほか、STAGこと西尾雄太の読み切り作品「入り勝ち」の後編も掲載された。

月刊IKKIの最終号となる11月号は、9月25日に発売。表紙イラストは松本大洋が執筆し、特別ゲストとして島田虎之介武富智が登場する。

※記事初出時、次号の内容に関する記述に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

この記事の画像(全4件)

関連記事

道満晴明のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 道満晴明 / 新井英樹 / 三浦靖冬 / 小林じんこ / 西尾雄太 / 松本大洋 / 島田虎之介 / 武富智 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。