コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

りぼん黄金期の少女マンガ特集ダ・ヴィンチで

756

「最強!『りぼん』世代少女マンガ特集」が、本日8月6日に発売されたダ・ヴィンチ9月号(メディアファクトリー)にて組まれている。

この特集では、1980年代から90年代にかけて生み出された少女マンガの名作を紹介。前半ではりぼん(集英社)の作品にスポットを当て、「ときめきトゥナイト」「星の瞳のシルエット」など黄金期の作品をプッシュしている。また朝倉かすみが「一条ゆかり」、松田奈緒子が「谷川史子」、江口寿史が「陸奥A子」をテーマに語るインタビュー、岩岡ヒサエと書店員や編集者による座談会「大人になった“りぼんっ子”たち」、りぼんに封入されていた付録などグッズの写真も掲載された。

後半では、りぼん黄金期に共鳴するように他誌から輩出されたヒット作も総括。なかよし(講談社)、別冊マーガレット(集英社)、別冊少女コミック(小学館)、花とゆめ、LaLa(ともに白泉社)、ウィングス、サウス(ともに新書館)、プリンセス(秋田書店)など雑誌別に代表作がまとめられている。

また篠原千絵「闇のパープル・アイ」をイメージしたネイルアート、高河ゆんひうらさとるの仕事場・自宅を見せる「少女マンガ家のリアルライフ」、きゃりーぱみゅぱみゅが少女マンガとファッションについて語るインタビューなど注目記事が満載だ。

コミックナタリーをフォロー