コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「ベイマックス」マンガ化、ディズニー映画初

267

ディズニーアニメ「ベイマックス」のコミカライズ連載が、8月20日に発売されるマガジンSPECIAL9号(講談社)にてスタートする。執筆するのは、「ファイ・ブレイン 最期のパズル」の作画を担当した上野春生

「ベイマックス」は、最愛の兄タダシを謎の事故で亡くしてしまった少年ヒロと、タダシが開発したケア・ロボットのベイマックスが繰り広げるアドベンチャー。サンフランシスコと東京を融合して作られた架空都市「サンフランソウキョウ」が舞台だ。ベイマックスは日本の鈴を参考にデザインされ、劇中に登場する街並みや建物の外観、漢字を用いた看板などにも、日本の要素が多く盛り込まれている。

「塔の上のラプンツェル」や「ウォーリー」、実写では「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズなど、これまでディズニー映画が単発でマンガ化されることはあったが、映画本編のストーリーが世界に先駆け解禁される連載は、ディズニー史上初の試みだ。連載に先駆け、8月6日発売の週刊少年マガジン36・37合併号(講談社)にて前日譚を描く「エピソード0」が掲載。マンガを執筆する上野は「ベイマックスはかわいくて美味しそうなフォルムで子供たちからお年寄りまで親しみやすいキャラクター。マンガ版の読者の方にも親しんでもらえたらうれしい」と意気込みを語っている。

コミックナタリーをフォロー