コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

浅田弘幸「テガミバチ」の原型「PEZ」、豪華BOXで書籍化

203

浅田弘幸「PEZ」が単行本化され、DVDや特製ノートなども同梱したBOXセットとしてワニマガジンより5月30日にリリースされる。価格は4000円。

「PEZ」は2000年代半ばに第10号まで刊行された、村田蓮爾責任編集のフルカラーコミック誌・robot(ワニマガジン)の不定期連載作品。ほぼ無人と化した崩壊後の世界を舞台に、少女・ペッツと全身を機械に改造されたデコ助の旅を描く。その後連載が始まる浅田の人気作「テガミバチ」の原型になった作品だ。

単行本は上製本のA5サイズで、描き下ろしの最終話を含むフルカラーの64ページ。BOXセットには単行本のほか、フィルムを模したしおり、大きさの異なる3種類のカード、約3分半のショートムービーを収録したDVD、特製ノート2冊、A5のミニポスター2枚が収納されている。ショートムービーは原作の絵に音楽を重ねた、アニメーション仕立てのPV。ノートにはそれぞれネームや線画、写真、描き下ろしイラスト、浅田のコメントなどが掲載されている。初回限定生産品のため、ファンは買い逃しなく。

この刊行を記念し、5月24日から6月9日にかけて東京・浅草橋のギャラリーパラボリカ・ビスでは、浅田の個展を開催予定。また6月8日には浅田のサイン会、ならびに浅田、上條淳士田島昭宇のトークショーが実施される。詳細は「PEZ」の特設サイトで確認しよう。さらにナタリーストアでは近日、計8種類の「PEZ」グッズをリリース予定。併せてチェックしてみてほしい。

コミックナタリーをフォロー