「カレチ」の池田邦彦、蒸気機関車がテーマの新作読み切り

44

本日3月27日に発売されたモーニング17号、Dモーニング17号(ともに講談社)には、「カレチ」で知られる池田邦彦の読み切り「甲組の徹(こうぐみのてつ)」が掲載されている。

池田邦彦の読み切り「甲組の徹」扉ページ。

池田邦彦の読み切り「甲組の徹」扉ページ。

大きなサイズで見る(全3件)

「甲組の徹」は蒸気機関車をテーマにした鉄道マンガで、舞台は日米が開戦した昭和16年。機関車乗務員は甲乙丙の組に分けられており、その中でも「甲組」は優等列車の牽引を担うエリート集団だった。同作では甲組乗務員を目指し奮闘する主人公の姿が、巻頭カラー36ページで描かれている。

また今号では、美月うさぎの連載デビュー作「チクホー男子☆登校編」がスタート。こちらはボンクラ高校生の奥ちゃんと星ちゃん2人による通学電車内での会話を、九州・筑豊の方言を交えて描き出すコメディだ。

次号モーニング18号は4月3日発売。「夕凪の街 桜の国」「この世界の片隅に」などで知られるこうの史代が、読み切り「ヒジヤマさんの耳」で登場する。

この記事の画像(全3件)

池田邦彦のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 池田邦彦 / こうの史代 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。