コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

文豪SD企画で「ダ・ヴィンチ・コード」作者が異能力者に

204

名だたる文豪を異能キャラとして描く、朝霧カフカ原作・春河35作画による「文豪ストレイドッグス」。この「文豪ストレイドッグス」と「ダ・ヴィンチ・コード」で知られるダン・ブラウンの新作「インフェルノ」がコラボし、ブラウンをキャラクター化したイラストが発表された。

ダン・ブラウンの能力名は「インフェルノ」。能力発動時に無意識に詠まれた三行韻詩を解読することで、33分後の未来が予測できるというもの。三行韻詩自体は内容が難解なため、ブラウン自身も歴史や宗教学の知識をもとに翻訳しなければならない、くせのある能力だ。コラボ企画の担当スタッフがブラウンにキャラクター化を打診したところ、本人から「いつもマンガにしてほしいと思ってたんだよ」と返事が寄せられ実現に至った。

なおこのコラボ企画は綾辻行人、京極夏彦に続き3人目。綾辻の能力は相手を“偶然”不運な死に陥れることができる「Another」、京極の能力はターゲットに妖怪を憑依させて精神を破壊する「憑物落とし」と設定されていた。

コミックナタリーをフォロー