コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

DeNAが電子雑誌を創刊、進撃の巨人スピンオフなど28作品

62

「Mobage」を運営するディー・エヌ・エーが、iOS・Android対応のマンガ雑誌アプリ「マンガボックス」を創刊。去る12月4日に行われた記者発表会に、編集長を務める樹林伸が登壇した。

「マンガボックス」は人気マンガのスピンオフや、気鋭のマンガ家の描き下ろし作品を毎日無料で配信するマンガ雑誌アプリ。毎週水曜日より最新号の更新を開始し、1週間かけて全作品が公開される。

スピンオフ作品としては「金田一少年の事件簿」の登場キャラクター・高遠遙一を主人公に据えた天樹征丸原作、さとうふみや作画「高遠少年の事件簿」、諫山創「進撃の巨人」を原作としたhounori「寸劇の巨人」などがラインナップされた。そのほか大島司「シュート!」や、金沢伸明原作、連打一人作画の「王様ゲーム」を復刻連載。地獄のミサワ「女に惚れさす名言集」や、金城宗幸と芹沢直樹がタッグを組んだ新作「ビリオンドッグズ」も掲載される。

会見には樹林のほか、多数の作品を提供する講談社の取締役・古川公平らも出席。紙の雑誌と同様に、掲載作品を電子書籍や単行本として販売することや、日本語版と同時に英語版がリリースされることなどが発表された。また最新号を含む過去12号分をバックナンバーとして常時公開するといううれしいニュースも。

樹林はマンガボックス編集長に就任した経緯について、「マンガ雑誌の部数が低迷している状況を打破する方法をずっと考えていた。無料の雑誌アプリだからこそ、気になる作品が1つでもあれば1度は手にしてもらえる。やるのは僕しかいないと思った」とコメント。またマンガボックスの方向性については、「どんなジャンルの作品も受け入れるおもちゃ箱のような雑誌にしたい。雑誌のカラーをあえて決めないのがカラーです」と説明した。

そして特別ゲストとして、サンタの衣装を身にまとったものまねタレントの福田彩乃が登場。福田が「金田一少年の事件簿」のキャラクター・七瀬美雪のものまねで「はじめちゃん!」と呼びかけると、樹林が「美雪!」と返し、会場の笑いを誘う。また福田は連載作品の「寸劇の巨人」にちなんで用意された、巨人サイズの特大スマートフォンを操作しながら「スマートフォンだと見やすいんですよね。どこにいても楽しめるのは本当にいいです」と笑顔で語った。

マンガボックスに掲載したい作品について問われると、樹林は「スポーツマンガが足りていないんです。新人の方、スポーツマンガを持ち込んでくれればどの雑誌より緩く掲載しますよ」と新人作家にメッセージを送った。最後に「無料ですし一度読んでみてください。決して損はさせませんから」とアピール。マンガボックスの出来に自信のほどを伺わせた。

マンガボックス 掲載作品一覧

水曜日配信
原作:天樹征丸、漫画:さとうふみや「高遠少年の事件簿」
原作:諫山創、漫画:hounori「寸劇の巨人」
原作:金城宗幸、漫画:芹沢直樹「ビリオンドックズ」
衣谷遊「攻殻機動隊S.A.C.」
プロット:櫻井圭記、漫画:山本マサユキ「タチコマなヒビ」

木曜日配信
英貴「チャリに乗れない」
原作:三浦追儺、漫画:大羽隆廣「天空侵犯」
原作:伊賀大晃、漫画:月山可也「エリアの騎士」
渡部まさみ「くのいち女子高生 音無さん」

金曜日配信
梅山たらこ「なでなでしこしこ。」
原作:綾峰欄人、漫画:栗元健太郎/咲「特区八犬士 [code:T-8]」
裸村「穴殺人」
小林俊彦「セーラー服、ときどきエプロン」
犬吠あか太「パト娘 いっきまーす!」

土曜日配信
佐藤将「アコヤツタヱ」
浦田カズヒロ「僕のおじいちゃんが変な話する!」
原作:金沢伸明、漫画:連打一人「王様ゲーム」

日曜日配信
橋本ゆうすけ「あらいどき。」
大沢祐輔「GREEN WORLDZ」
原作:岡田伸一 漫画:オオイシヒロト「奴隷区」
原作:乃和(GAINAX)、漫画:葉月京「さどんです」

月曜日配信
岡田卓也「ホライズン」
須崎洋輔「初恋心中」
玉越博幸「わんこナンバーわん」

火曜日配信
須久ねるこ「まばたきのあいだ」
岩田ナヲヤ「邪風のストラ」
大島司「シュート!」

毎日配信

地獄のミサワ「女に惚れさす名言集」

コミックナタリーをフォロー