コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

高尾滋

高尾滋

タカオシゲル

2月15日埼玉県生まれ。1995年、「人形芝居」が第240回花とゆめまんが家コースHMCで1位にあたる優秀賞を受賞。その後、1996年に「写絵(しゃかい)」が第28回花とゆめビッグチャレンジ賞準入選+編集長期待賞を受賞し、同年花とゆめ13号(白泉社)に「不思議図書館」が掲載されデビューした。1998年、優秀な新人に贈られる第23回白泉社アテナ新人大賞デビュー優秀者賞を「人形芝居」で受賞し、期待の新人として注目を集める。叙情的なストーリーと緊張感漂うセリフ回しが印象的で、2000年には「ディア マイン」を花とゆめにてスタートさせた。その他の代表作に、旧家のお姫様と彼女を守る忍者の少年の恋を描いた「てるてる×少年」、大正時代にタイムスリップしてしまった男子高校生が主人公の「ゴールデン・デイズ」などがある。2012年、別冊花とゆめ(白泉社)にて、16歳人妻の異国での旅路を描く「マダム・プティ」の連載を開始した。

高尾滋のニュース

コミックナタリーをフォロー