ステージナタリー

泉見洋平&上原理生「ミス・サイゴン」トーク、「イントロに身体が反応する」

381

左から泉見洋平、上原理生。

左から泉見洋平、上原理生。

3月10日より東京・TOHOシネマズ 日劇にて、「ミス・サイゴン」25周年記念公演の模様を収めた映画が公開。これを記念した企画の一環として、昨日2月27日に泉見洋平上原理生によるトークイベントが行われた。

泉見は2004年から2014年までトゥイ役、上原は2012年から2017年1月までジョン役で、「ミス・サイゴン」に出演経験がある。司会から同作の魅力について問われると、泉見は「まずは、音楽ですよね」とコメント。「ふとイントロの音楽を聴くたびに、身体が反応する。音楽の力はあらためてすごいなと思いました」と実感を述べる。上原は音楽以外のポイントとして、作品のテーマに言及。「ベトナム戦争という、身近にあった戦争を題材にしていて、人類の長い歴史の中でいっぱい戦争が起こって、その中で何か学んだはずなのに、でも起こってしまう。それってなんでだろうと思うし、その中で巻き込まれた人の苦しみと悲しみ、でもその中で生まれた愛や、それでも生きてやるんだって強さとかが描かれていて、そういうものが見ている人たちを引き付けてやまないのかな」と続けた。

また映画として公開される本作ならではの魅力について、泉見は「舞台映像をただ撮っただけではなく、さまざまな映像がインサートされていて、カット割りなんかもライブ映像を超えたまさに『ミス・サイゴン』の映画版という感じで、僕が(トゥイ役を)やっていたという感覚は勿論あるんですけど、まったく新しいものを観たという感じもありました」と語る。一方の上原は「演出がものすごくよい形で生かされていて、また舞台で観るのとは全然違う印象を持つことができたことが、興味深かったですね。1本の映画作品として観ることができたのもすごく楽しかった」と感想を述べた。

ステージナタリーをフォロー