音楽ナタリー

POLYSICSカヨ、武道館ライブを最後にバンドを卒業

2

POLYSICSのカヨ(Syn, Vo, Vocoder)が、3月14日に行われる日本武道館ワンマンライブ「POLYSICSメジャーデビュー10周年スペシャルライブ!!~BUDOKAN OR DIE!!!!~」を最後に、バンドから卒業することを発表した。

卒業の理由についてカヨは「とても充実した日々を送っていましたが、数年前から、一つの考えがどんどん大きくなってきました。POLYSICSのメンバーでない私は一体どんな私なんだろう。ミュージシャンでない私はどんな私なんだろう。個人としての私、一人の女性としての自分に会ってみたい気持ちが日に日に大きくなっていきました」とコメント。ミュージシャン以外の人生を送ってみたいという思いについてスタッフやメンバーと相談し、熟慮の末バンドを離れることを決意した。

バンドスタッフは「カヨがPOLYSICSにとって、かけがえのないメンバーであることは、メンバー、スタッフ全員の共通認識ですが、バンド以外の人生も歩んでみたいという彼女の気持ちを尊重することになりました」「皆様ご存知の通り、POLYSICSのライブに湿っぽさは全然似合いません。カヨ自身、そして他のメンバーの意向もあり、ツアー中に発表するのではなく、明るく、楽しく、激しく、ツアーを回り終わったこのタイミングで発表させて頂きました」と説明。メジャーデビュー10周年のアニバーサリーイヤーを締めくくる武道館ライブがカヨの“卒業式ライブ”に決定した。

また、POLYSICS本体も武道館ライブをもって活動休止期間に入ることがあわせて発表された。この活動休止はカヨの卒業後の“第2期POLYSICS”へ向かうための充電期間とされており、スタッフサイドも「POLYSICSのことですから、超短い充電時間で済んでしまうかも知れません」と語っている。POLYSICSオフィシャルサイトでは現在、スタッフからのコメントとカヨのコメントを掲載中。

カヨのラストライブ、POLYSICS活動休止前ラストライブとなる武道館公演のチケットは1月30日より一般発売開始。12月31日には幕張メッセで開催の「COUNTDOWN JAPAN 09/10」にも出演するので、こちらもお観逃しなく。

音楽ナタリーをフォロー