音楽ナタリー

スカパラ新曲ボーカルはユニゾン斎藤、KAT-TUN上田主演ドラマのOP曲

5274

東京スカパラダイスオーケストラと斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)。

東京スカパラダイスオーケストラと斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)。

10月13日(金)深夜よりテレビ東京系で放送される連続ドラマ「新宿セブン」のオープニングテーマとして、東京スカパラダイスオーケストラが新曲「白と黒のモントゥーノ feat. 斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)」を書き下ろし提供した。

「新宿セブン」は上田竜也(KAT-TUN)主演のドラマ。新宿・歌舞伎町にある質屋の店主・七瀬が、物の真贋を見極めると同時に依頼人の悩みや事件を解決していく様子を描く。今回の新曲はタイトルどおり斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)をゲストボーカルに迎えたラテン系のナンバーで、スカパラの谷中敦は「斎藤宏介には騙されそうなほどの魅力を感じました。まるで鑑定書要らずの宝石のようです」とコメントしている。なお、この曲は11月29日にスカパラのニューシングルとしてリリースされる。

谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)コメント

悪いやつ相手に鮮やかにシロクロつける「新宿セブン」の主人公七瀬は、嘘をつかずに逆に相手を欺く。音楽もやっぱり嘘をつかないけど、今回のスカパラのフィーチャリングボーカル、UNISON SQUARE GARDENの斎藤宏介には騙されそうなほどの魅力を感じました。まるで鑑定書要らずの宝石のようです。

音楽ナタリーをフォロー