音楽ナタリー

WANIMA、たまアリで感激の初ワンマン「こんな景色を見せてくれてありがとう」

2445

WANIMA「JUICE UP!! TOUR FINAL」の様子。(撮影:瀧本JON...行秀)

WANIMA「JUICE UP!! TOUR FINAL」の様子。(撮影:瀧本JON...行秀)

WANIMAがワンマンライブ「JUICE UP!! TOUR FINAL」を3月19日に埼玉・さいたまスーパーアリーナにて開催した。

このライブはタイトル通り、最新シングル「JUICE UP!!」を携えたライブツアーの最終公演として行われたもの。バンドにとって初めてのワンマンライブとなった。会場には2万人のファンが集結。アリーナ部分はスタンディングエリア、スタンド部分は座席ありという構造で、ファンは思い思いに彼らのワンマンライブを堪能していた。

大歓声を受けてステージに登場した3人はSEが流れている間、ファンにあいさつするように左右に伸びたステージを駆け回る。そしてSEが終わるとKENTA(Vo, B)が「ヤバイな、この人!」と興奮気味に声を上げ、「日本で1番、WANIMAが好き、WANIMAです!」とのあいさつに続けて、3人は1stミニアルバム「Can Not Behaved!!」の1曲目「Hey Lady」でライブをスタート。曲の始まりにあわせて金テープが発射され、場内にはさっそく盛大なシンガロングが響き渡る。1曲目から大盛り上がりのオーディエンスを見てKENTAは「みんな飛ばしすぎやない? 本気すぎやろ!」とうれしそうに声を弾ませた。

最初のMCでは「何人おるん?」「すごかねー!」と興奮を隠しきれない姿を見せる3人。彼らは「最後まで体力が持つのか、1曲(の尺)が短いけん曲が最後まで持つのかが問題」と笑いを誘いつつも、「毎日楽しいことばっかりやないと思うから、今日1日くらい楽しんでもらえたら」と意気込みを語った。

彼らはダビーな歌い出しでエロチックなムードを醸し出した「1CHANCE」、3人の絶妙なコーラスワークが光る「エル」といったバラエティ豊かな楽曲をテンポよく届けていく。ステージの両端にもマイクスタンドが設置されており、KENTAとKO-SHIN(G, Cho)は互いの立ち位置を入れ替えたり、端のマイクで歌ったりと、エネルギッシュにステージ上を動き回った。また「昨日の歌」の演奏前には元関取の把瑠都からのビデオレターが届けられたり、「BIG UP」ではラスタカラーのレーザーが場内を飛び交ったりと、ワンマンならではの演出も展開されオーディエンスを驚かせる。

中盤にはメインステージとアリーナ中央に用意されたサブステージの間に花道が登場。FUJI(Dr, Cho)が長渕剛のモノマネをしながらそれを渡り、続けてKENTAとKO-SHINが「4歳から一緒やから……」と言って手をつないで渡った。サブステージにたどり着くとKENTAが「楽しかねー! もっと早くワンマンするべきやった」と感想を述べたのち、「ちょっとでも1番遠くの人の近くに行きたくてこのステージを作りました」と説明。そして3人はアコースティック編成で「切手のないおくりもの」「SLOW」「終わりのはじまり」の3曲をしっとりと届けた。

迷彩服に身を包んだ3人がアスレチックやバンジージャンプといった“訓練”に挑む映像が上映されたのち、3人は再びメインステージに。KENTAが「諦めんでやってきたら、みんなのおかげでここまで来ることができました」と振り返り、バンドは「みんなと共に歌いたい歌」として「ともに」をプレイ。KENTAは胸に手を当てたり、拳を握りしめたりと力強く歌唱し、オーディエンスも盛大な合唱で応えた。火柱の演出でダイナミックに彩られた「リベンジ」のあと、KENTAは「落とし物とか大丈夫かーい?」とファンを気遣う。重ねて「ちゃんと毎日ごはん食べとるかい? 苦手なアイツともうまくやってるかい?」と声をかけ、「普段面と向かって言えないことも音楽やったら言える気がしてて……俺ら3人は音楽に救われてます」と思いを吐露。その言葉に続けて、アドリブの歌詞を加えてバンドはミディアムチューン「Hey yo...」をプレイすると、場内にはエモーショナルなムードが広がった。さらに「1106」ではステージのビジョンに彼らの地元、熊本県天草市を思わせる海の映像が映し出され、場内にはさらに感動的な空気が流れた。

改めて客席をぐるりと見渡したKENTAは「ずーっと見てられる。こんな景色を見せてくれてくれてありがとうございます。これからもみんなが大丈夫じゃないときに大丈夫になれるよう、がんばれんときにがんばれるよう歌っていきますので、これからもWANIMAと共によろしくお願いします」とファンへ語りかける。そして大合唱と共に「THANX」をパフォーマンス。曲中では「いつもいつもお疲れ様! いつもいつも支えてくれてありがとう」と重ねてファンへの感謝を述べた。本編ラストナンバー「For you」ではKENTAが感極まって声を詰まらせる場面も。演奏の最後にはメロディに乗せて「信じてよかったー!」と叫び、3人はステージをあとにした。

アンコールで彼らはニューシングル「Gotta Go!!」を5月17日にワーナーミュージック・ジャパン内のレーベル・unBORDEからリリースすることを発表した。KENTAは「やっとみんなに3曲届けられるよー!」と破顔したのち、「この曲がみんなのお守りになるようにという気持ちで作りました」と説明して、バンドはシングルからさっそく新曲「CHARM」をプレイ。ビジョンには彼らの演奏にあわせて歌詞が映し出され、ファンは歌詞と演奏を堪能した。メロディアスな「TRACE」、CMソングとして話題の「やってみよう」をパフォーマンスしたのち、KENTAが「さいたまからいってらっしゃい!」とファンの背中を押すように言葉をかけ、バンドは最後に「ここから」をドロップ。大盛り上がりのうちに、「JUICE UP!! TOUR 」を締めくくった。

すべてを終えると、恒例のKO-SHINによる一本締めへ。彼は「まさかこんな日が来るなんて」とこの日の感想を口にしたあと、「僕はWANIMAを支えてくれる皆さんが生きがいです。みんなが笑うと僕も笑うし、みんなが泣くと僕も泣きます。これからもみんなと共に行きたいです。これからも僕らを信じてきてください」とファンへメッセージを送り、音頭を取って一本締めにてライブを終幕させた。

WANIMA「JUICE UP!! TOUR FINAL」
2017年3月19日 さいたまスーパーアリーナ セットリスト

01. Hey Lady
02. 雨あがり
03. つづくもの
04. Japanese Pride
05. 1CHANCE
06. エル
07. 昨日の歌
08. 夏の面影
09. BIG UP
10. 切手のないおくりもの
11. SLOW
12. 終わりのはじまり
13. ともに
14. リベンジ
15. Hey yo...
16. 1106
17. オドルヨル
18. いいから
19. THANX
20. For you
<アンコール>
21. CHARM
22. TRACE
23. やってみよう
24. ここから

音楽ナタリーをフォロー