音楽ナタリー

「自分で選んだ道の先に正解があると信じてます」乃木坂46橋本奈々未、涙の卒業ライブ

6942

橋本奈々未 (c)乃木坂46 LLC

橋本奈々未 (c)乃木坂46 LLC

乃木坂46が昨日2月20日に埼玉・さいたまスーパーアリーナにてアニバーサリーライブ「5th YEAR BIRTHDAY LIVE」の初日公演を行った。

「5th YEAR BIRTHDAY LIVE」は22日まで行われ、彼女たちは3日間で持ち曲をすべて披露する。初日のこの日は橋本奈々未の卒業公演で、橋本が歌唱する楽曲を中心に、橋本選曲によるセットリストで進行した。

オープニングVTRが終わると、メンバーが前方のステージに登場。最後にセンターステージに姿を現した橋本は、深く一礼する。大きな歓声に包まれる中、グループは橋本がセンターポジションを取る「サヨナラの意味」でライブをスタートさせた。そのまま「気づいたら片想い」「ガールズルール」などシングル曲を立て続けに披露した最初のブロックを終えると、MCへ。場内は最初から橋本のサイリウムカラーである緑で染められており、リーダーの桜井玲香が「一面、緑だね!」と橋本に声をかけると、橋本は「最初から緑だとは思わなかった」と感激する。続けて「この景色を(自分の目に)焼き付けつつも、ここに来てる皆さんの目にこびり付いて離れない景色を見せつけて帰ります。角膜にこびり付いてやる!」とこの日の意気込みを口にした。

続くブロックではユニット曲が中心に披露される。橋本、白石麻衣、松村沙友理、高山一実が歌唱する「偶然を言い訳にして」では、橋本以外の3人が歌いながら橋本へのメッセージを描いたフリップをサプライズで掲出。思わず白石が涙すると、ほかのメンバーもつられるように涙を流した。またこの日はチケットが即完売となったため、セット後ろのステージが見えないバックステージにも「見切れ席」「バックステージ席」と呼ばれる客席が用意されており、「ハウス!」ではメンバーがその見切れ席とバックステージ席へ回って、ファンを喜ばせていた。

橋本が好きだという「ここにいる理由」からスタートしたアンダーメンバーによる楽曲のコーナーでは4曲がパフォーマンスされる。橋本が乃木坂46の楽曲で1番好きな曲だという「生まれたままで」では橋本含め選抜メンバーも迎えた全員で歌唱。演奏後には橋本と伊藤万理華の誕生日を祝うコーナーが設けられた。このコーナーは橋本のサプライズで、万理華は大喜びし「一緒にお祝いするのも最後かあ」としんみりした表情を浮かべていた。

36曲を歌い終えると、一歩後ずさりしてメンバーをぐるりと見渡す橋本。彼女は「ステージ上でみんなのことを見ることはもうないんだな」と寂しげに口にする。さらに視線を客席に移すと「こんなにたくさんの人が同じ時間を過ごそうと来てくれてとってもうれしいです。本当にありがとうございました」とファンへ感謝の気持ちを述べて、本編ラストナンバー「孤独な青空」を笑顔で歌った。

盛大な“ななみコール”を受け、1人でステージに再登場した橋本。「今日で卒業です」と口を開くと唯一のソロ曲「ないものねだり」への思いを、「卒業するときにもらった曲で、すごく自分の中で大事で大切だし、好きだし、これからもきっと人生の節目で聴いていくことになるだろうなという曲」だと話す。さらに歌詞に触れ「『ないものねだりしたくない』って歌っているけど、こんなに素敵な景色を何度も目の前にしてるのに別の道を進みたいと思うのが一番のないものねだりだと感じています」と話して涙を流す。しかし「自分で選んだ道の先に正解があると信じてます」と前を向き、ファンから大きな拍手を受けた。号泣したのち、「今まで本当にたくさんの応援をしていただきありがとうございました」と改めてファンへメッセージを送り、涙を流しながら「ないものねだり」を歌唱。歌唱後にはメンバーがステージへ。桜井が「今までで一番素敵な『ないものねだり』だった」と声をかける。橋本は「もう泣かないと決めてたのにみんなの顔見たら泣いちゃう」とさらに号泣。さらにここで白石が橋本へ手紙を朗読する。手紙を読む白石も、聞く橋本もほかのメンバーも、耐えきれず大粒の涙を流した。

この日のライブの出来を尋ねられた橋本は「一番ミスの少ないライブでした!」とすがすがしくこの日の感想を述べる。重ねて「本当にいい思い出になりました。すごく楽しかったしうれしい。最後の時間を皆さんと過ごせることが本当に幸せです」とメンバーとファンへ思いを話した。最後の1曲としてパフォーマンスされたのは「サヨナラの意味」。橋本は1人で可動式のステージに乗り、会場内をゆっくりと一周する。ビジョンにはメンバーからのメッセージが映し出され、最後には色とりどりの花火が打ち上げられた。歌い終わった橋本は「終わった!」とひと声。目に涙をたっぷり浮かべ「ありがとうございました」と言うと、メンバー1人ずつを見送る。最後、1人になると「みんな、時間は大丈夫?」とファンを気遣いながらも「5年半、本当にお世話になりました。みなさんの支えがあっての今だと思っています。これから私は私らしくがんばります。皆さんのご多幸をお祈りします。本当にありがとうございました!」と言葉を残し、緑色に点滅するゴンドラに乗車。ゴンドラはゆっくりと上昇し、彼女は「皆さん、サヨナラ!」と言うと、そのままステージから姿を消した。

乃木坂46「5th YEAR BIRTHDAY LIVE」
2017年2月20日 さいたまスーパーアリーナ セットリスト

01. サヨナラの意味
02. 気づいたら片想い
03. ガールズルール
04. バレッタ
05. 制服のマネキン
06. 会いたかったかもしれない
07. 偶然を言い訳にして
08. せっかちなかたつむり
09. 指望遠鏡
10. 13日の金曜日
11. でこぴん
12. 世界で一番 孤独なLover
13. やさしさとは
14. ダンケシェーン
15. 僕が行かなきゃ誰が行くんだ?
16. Tender days
17. 革命の馬
18. ボーダー
19. 制服を脱いでサヨナラを…
20. ポピパッパパー
21. 遥かなるブータン
22. 太陽に口説かれて
23. シークレットグラフィティー
24. あの教室
25. ハウス!
26. ロマンスのスタート
27. 転がった鐘を鳴らせ!
28. ここにいる理由
29. 君は僕と会わない方がよかったのかな
30. 自由の彼方
31. 生まれたままで
32. 孤独兄弟
33. 魚たちのLOVE SONG
34. Threefold choice
35. ロマンティックいか焼き
36. そんなバカな…
37. 孤独な青空
<アンコール>
38. ないものねだり
39. サヨナラの意味

乃木坂46「5th YEAR BIRTHDAY LIVE」(終了分は割愛)

2017年2月21日(火)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
2017年2月22日(水)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ

音楽ナタリーをフォロー