音楽ナタリー

堂島孝平書き下ろし「サンチェたいそう」をアイルネ石野が歌う

772

「サンチェたいそう」レコーディング時の様子。

「サンチェたいそう」レコーディング時の様子。

堂島孝平が広島のプロサッカークラブ・サンフレッチェ広島のマスコットキャラクター・サンチェのテーマソング「サンチェたいそう」を書き下ろし。この楽曲の歌唱をアイドルネッサンス石野理子が担当した。

サンフレッチェ広島の熱心なサポーターとして知られ、サンチェとも親交のある堂島。彼は今回、テーマソングの作曲を手がけ、歌詞をサンチェと共作した。堂島とサンチェは「広島感を強めたい」という意向から、広島出身の石野をボーカルに抜擢。このことについて石野は「今回サンフレッチェの応援・体操ソングに選んで頂き、本当に嬉しく思っています。広島生まれ、育ち、在住の私にとって広島のスポーツに関われた事とても光栄です!!」とコメントしている。なお振り付けは東京と広島を拠点に活動しているダンスインストラクターHANACOが担当する。

なお、「サンチェたいそう」は2月25日に広島・エディオンスタジアム広島にて開催される「2017明治安田生命J1リーグ」開幕戦となるアルビレックス新潟戦にてお披露目予定。試合会場おまつり広場場外ステージにてサンフレッチェ広島公式応援ユニット・サンフレッチェ・レディースとしても活動しているアイドルユニットSPL∞ASHが「サンチェたいそう」の講習を行うほか、試合のハーフタイムにはサンチェ自らが曲に合わせて体操を披露する。

なお2月28日(火)には広島FM「サンフレッチェ ラジオ・サポーターズクラブGOA~L」にて、「サンチェたいそう」のフルバージョンがオンエアされる予定だ。

堂島孝平 コメント

愛するサンフレッチェ広島と自分の持つ音楽表現がつながることになるとは!
いちサポーターとして、いち音楽家として、これほどまでに光栄なことはありません。
サンチェくんからTwitterで直接依頼をされ、「大好きなサンフレッチェを通して広島の子供たちを楽しませたい」と打ち明けられた時は、「ゆとりグマ」を自称し、時にそう揶揄されもする彼の本気を見た思いで甚く感激しました。
その気持ちに応えられるよう、彼のキャラクターにピッタリで、ふと体を動かしたくなるような曲調に仕上げたつもりです。
広島出身で、今、注目すべきボーカリストである石野理子さん(アイドルネッサンス)に歌唱を担当してもらったことで、より生き生きと仕上がり、最高です。
この「サンチェたいそう」で、広島の街を、幼稚園を、スタジアムを、Jリーグを盛り上げることができたら嬉しいです。
そして、「サンチェ」という名の広島の誇る絶対的固有種が、これからもシンボリックな存在として、多くの人から愛されることを願っています。

石野理子 コメント

今回サンフレッチェの応援・体操ソングに選んで頂き、本当に嬉しく思っています。
広島生まれ、育ち、在住の私にとって広島のスポーツに関われた事とても光栄です!!
私が所属するアイドルグループ「アイドルネッサンス」のライブでもお客様に楽しんで、喜んで頂けるライブを頑張ってやっていますが、このような「応援歌」をソロで歌わせて頂くことが初めてなので、聴いて下さる皆さんが盛り上がるように、いつもの10倍明るく頑張って歌いました!!
アイドルネッサンスにとっても事務所の大先輩である堂島孝平さんが作ったこの曲は、軽快で心が自然に弾む、まさに堂島ワールド全快の新鮮な応援ソングになってます!!
これからサンフレッチェ広島を代表する応援ソングとして長く愛される曲になる思うので、
老若男女、幅広い世代の皆さんに口ずさんで頂ける応援ソングになって欲しいなと思ってます!!
誰でも歌って踊れる曲ですので、是非スタジアムで試合観戦の時に、この曲と一緒にサッカーを楽しんで欲しいです!!
もちろんサンフレッチェ広島の勝利を祈って!!

サンチェ コメント

Jリーグマスコット総選挙で優勝したその日に、このお知らせができることが、とても嬉しいです。
サンフレッチェや広島に関わる、いろんな人に協力してもらって、ついに完成しました! とにかくステキな曲だよ! みんなにも、きっと気に入ってもらえると思います! たくさんの人が、笑顔になってくれますように☆

広島FM「サンフレッチェ ラジオ・サポーターズクラブGOA~L」

2017年2月28日(火)20:00~20:55

音楽ナタリーをフォロー